« 6月7日のラッキーさん | メイン | microSD対応携帯に機種変しても、着うたフルは移行できる? »


 2006年06月07日

この日のCOTOBACO

プログラムの挙動を覗いて幸せになる


ITmedia D PC USER:第1回 プログラムの挙動を覗いて幸せになる

今どういうプログラムが動いているのかは、Windowsのタスクマネージャを使えば簡単に調べられる。しかし、各プログラムがどのファイルにアクセスしているのかまでは分からない。やはりケーブルをぶちっと抜くしか手はないのだろうか(もちろんWindowsの使用をやめるのも1つの手だ)。

 そういったときに最適なフリーソフトがある。プログラムのファイルアクセスを監視できるツール「Process Explorer」だ。

紹介しているソフトウェアはもちろん有益でおもしろいのですが、それよりなにより、この記事の文体が好き。たとえば、

これはすごい。幸せの予感がする。

とか

SWFファイルをインターネット一時フォルダから探したい、といった不思議な衝動に突き動かされたときだって活用できるかもしれない。

とか

このソフトに関しては、自己責任という言葉の意味をよく噛みしめたうえで用途を考えてほしい。

などなど。

SWFファイルを探したい、というのを「不思議な衝動」という言葉でうやむやにしているところや「理解」を「噛みしめる」と置き換えるなどその表現センスが大好きです。

「“タダ”で幸せになるソフトウェアパラサイト」という新しいコーナーの第1回目の記事ということで、今後とても楽しみです。

幸せの予感がします。


 投稿者 nagasawa : 2006年06月07日 13:32

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:(モダシンへのリンクが記事中にない場合は弾かれます)
1808