« microSD対応携帯に機種変しても、着うたフルは移行できる? | メイン | Google Video Player for Win & Mac »


 2006年06月07日

この日のCOTOBACO

ゲームのことだけ考えている人なんて、世の中にはほとんどいない


任天堂経営方針説明会、「ゲームのことだけ考えている人なんて、世の中にはほとんどいない」

6月7日、東京赤坂で行われた任天堂の経営方針説明会に関する記事。社長の岩田さんがいろいろ発言しているようです。

===
「単なるハードの進歩をいくら続けても、ゲーム離れを食い留めることはできない」

「ゲームやゲーム機のことだけを考えて生きている人は、世の中にそれほど多くはない。ほとんどの人はゲームのことはあまり考えていない」

「任天堂は次世代ゲーム機を作っているわけではなく、次世代ゲーム機戦争をしているわけではない」

「処理性能至上主義からのパラダイムシフトはすでに携帯型ゲーム機で起きている」

「ゲーム機の会社の社長としては不適当な発言かもしれないが、薄く小さく邪魔にならないゲーム機を作りたいと思った。普通の人、とくに家庭のお母さんにとって、ゲーム機は邪魔なもの。『邪魔だなんてとんでもない』と言うのはゲーム業界の人だけ」

「どんどんリアルだけを目指すという一方向の道だけでなく、ソフトの価値を高める方法があるのではないか」

「ゲーム機は最初は赤字で当たり前、というのは妙な考え。そういう考え方をお持ちの方もいるが、任天堂はそういう発想とは逆」
===

「普通の人、とくに家庭のお母さんにとって、ゲーム機は邪魔なもの。『邪魔だなんてとんでもない』と言うのはゲーム業界の人だけ」という発言ができるのはすごいですね。でも、ちゃんと現実が認識できているってことでしょう。どのお母さんに聞いても「ゲーム機邪魔」「コントローラのケーブル邪魔」といいます。で、そこに旦那&子供チームとの家庭内での戦いがあるわけですが。

まあ、それぞれの発言にそれぞれ反論はあろうかと思いますが、いろんな考えがあってそれがこちら側で選択できる世界というのはいいものです。

ニンテンドーDS Lite クリスタルホワイト ニンテンドーDS Lite クリスタルホワイト


 投稿者 nagasawa : 2006年06月07日 16:39

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:(モダシンへのリンクが記事中にない場合は弾かれます)
1810