« 届いた | メイン | 6月15日のラッキーさん »


 2006年06月14日

この日のCOTOBACO

ニューズレターは大半が斜め読み,RSSフィードはヘッドラインだけ


「ニューズレターは大半が斜め読み,RSSフィードはヘッドラインだけ」,米調査:ITpro

米Nielsen Norman Groupは米国時間6月12日に,ニューズレター配信とRSSフィードに関する調査報告を発表した。それによると,電子メールで配信されるニューズレターへの消費者の反応は概して冷たく,RSSフィードによるニュース配信はさらにぞんざいな扱いを受けている。

「ぞんざいな」という表現がいいですね。

RSSフィードはスパム・フィルタを回避できるが,マーケティング手段としての効率は悪く,企業が顧客との関係を構築する上では,電子メール配信によるニューズレターの方がはるかに有利だという。

ううむ、一理あるかも。

なので、ちゃんと読まれるニュースレターの配信方法をアドバイスしているそうなんですけど、それって何年前から行われているんだ?

スパム・フィルタを回避するために,ユーザーが簡単に配信停止できる手段を用意すること。配信停止の手続きが短時間で完了するようであれば,ユーザーはスパム・フィルタをかけない傾向がある。また,斜め読みがしやすいデザインにしておくことも重要だという。

で、このリリースを出しているNielsen Norman Groupはという会社は何をやっているかというとユーザビリティ評価とかセミナートレーニングなんかをやっているわけですね。

http://www.nngroup.com/

まあ、RSSじゃ規格モノなのでユーザビリティの点で手出しようがないですからね。

ただ、RSSの場合は読まれるのは読まれるんだけど、なんつうか「目」だけで読まれている、というかなぞられているだけで頭の中に入っていかないというのは確かにあるかも。


 投稿者 nagasawa : 2006年06月14日 16:56

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:(モダシンへのリンクが記事中にない場合は弾かれます)
1835