« RSAセキュリティ、フィッシングサイトを閉鎖に追い込むサービス | メイン | 7月1日のラッキーさん »


 2006年06月30日

この日のCOTOBACO

WebKit用JavaScriptデバッガ


Introducing Drosera

「Drosera」という名前のMacのWebkit用のJavaScriptデバッガがリリースされたようです。

Webkit用なので別にSafariだけじゃなくてWebkitを使っているやつだったら何でも使えるようです。

FirefoxやIEでは動くのになぜかsafariではうまく動作しないようなJavaScriptを書いちゃったときに重宝するかもです。

Safariでこれを使うにはターミナルで

defaults write com.apple.Safari \
WebKitScriptDebuggerEnabled -bool true

と打たないといけないようですが、これやると多分エラーの出るページにアクセスするたびにDroseraが起動するような気がするんだけどどうなんだろうなあ・・・

ちなみに私は今WindowsマシンのIEとFirefoxからこのページにアクセスしているんですけど、IEだとスクリーンショットが一瞬だけ表示されます。HTMLの書き方が悪いんでしょうな。時間があれば比べて見てください。


 投稿者 nagasawa : 2006年06月30日 16:49

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:(モダシンへのリンクが記事中にない場合は弾かれます)
1902