« IPv4アドレスは数年後に枯渇 | メイン | MS、Vista製品版を利用した説明会。 »


 2006年11月22日

この日のCOTOBACO

フィードパスイメージキャラクターの名前が決まったらしい。


フィードパスイメージキャラクター、ネーミング決定のお知らせ|最新情報 | フィードパス株式会社(Feedpath,Inc)

9月に行いました一般公募にお申込いただいた皆様、誠にありがとうございました。 厳選なる審査の結果、イメージキャラクターのネーミング決定が決定いたしましたのでご報告いたします。

フィードパスのクリエイティブ・コモンズじゃない例の赤い忍者のキャラクターの名前が決まったようです。
その名は、

キャラクターネーミング:「Tobby Kato」通称「Tobby」

えっと・・・えっと・・・・名前が「Tobby Kato」で通称が「Tobby」って通称じゃなくてそのまんまなんですけど。

まあ、でもあれですよ、フィードパス社のグローバル戦略が伺えますね。

で、このキャラの背景設定ですが、

国籍不明、年齢不詳、自称戦国時代最強の忍者 加藤段蔵の子孫のインターネット忍者。Web上を縦横無尽に飛び回り、情報を収集する。

大人になりきれない子供感がたまらないわけですが、「加藤段蔵」という人は実際にいたようです。Wikipediaによると、

加藤 段蔵(かとう だんぞう、文亀3年(1503年) - 永禄12年(1569年))は、戦国時代の忍者。

ということで、解説を読むととても優れた忍者であったことがわかります。でも、

信玄のもとでも忍者として優れた技術を見せたが、その信玄からもやがて、そのあまりに優れすぎた忍者としての技術を警戒されることとなる。一説には、段蔵が織田信長と内通したためとも言われている。そして1569年、厠に入っていたところを信玄の命令を受けた馬場信春(または土屋昌次)によって暗殺されたのである。

ああ、このあたりの設定をRSSリーダーの「Feedpath」とオーバーラップさせたいんですね。非常に刹那的ですね。

で、加藤 段蔵さんですが愛称があったようです。

その優れた技術から、「飛び加藤」と称された。

「とびかとう」・・・「Tobby Kato」・・・

まんまじゃないですか!

まあ、それはよいとして、これにあわせてフィードパス社のホームページもデザインが新しくなったようです。Tobbyが飛びまくっていますね。

http://www.feedpath.co.jp/

各プロダクトの製品名ロゴに手裏剣とか楔とか刀とか鎌が入っていますね。どうしちゃったのかな。

ああ、それはそうとブログ・エンジンという製品があるんですけど、新しいロゴでそれみると「ブロ原人」に見えてそれはそれで意味が深いなあ、と思いました。

ちなみに私は「Feedpath」を愛用しています。ありがとうございます。


 投稿者 nagasawa : 2006年11月22日 13:25

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:(モダシンへのリンクが記事中にない場合は弾かれます)
2504