« バイ・デザイン、実売17万の地デジ内蔵42型PDP | メイン | FFXI関連のTBPリスト一覧 »


 2006年12月28日

この日のCOTOBACO

Vistaスタートメニューエミュレータ


Vista Start menu Emulator - Homepage

XPでその雰囲気が味わえるWindows Vistaのスタートアップ・エミュレータです。

起動するとVistaの丸いWindowsアイコンがでてくるのでそれをクリックすると「スタート」ボタンをクリックしたときのような1ペインのスタートメニューが表示されます。

言語ファイルが外だしになっているので試しに日本語ファイルを作成してみたら見事99%ぐらいで日本語表示できるようになりました。ただ、表示はするものの、日本語表示エリアの高さが足りないところもあり、下とか上の一部がかけて表示されてしまっています。

これ、作者に還元した方がいいのかなあ、とおもいつつ、作成した日本語用ファイルが欲しい人はもってってください。ZIPを解凍してできたrtfファイルをプログラムと同じところに配置してプログラムを起動したら右クリックの「setting」を表示させてLanguageでJapaneseを指定すればOKです。

ファイルをダウンロード

「Vistaスタートメニューエミュレータ」プログラム本体はここからダウンロードしてくださいね。

なんつうのかなあ、新しい別のラウンチャー、だったら使えるかなあ。まあ、まだRC1なので最終版に期待、かな。


 投稿者 nagasawa : 2006年12月28日 16:20

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:(モダシンへのリンクが記事中にない場合は弾かれます)
2649