« ときめきメモリアルGirl's Side 1st Loveをやる加藤夏希 | メイン | YouTubeは「法で守られている」とGoogle »


 2007年03月15日

この日のCOTOBACO

3月15日のラッキーさん


BlogPeopleランダムピックアップ、今日のラッキーさんは「オープナーズ」さんです。

2005年6月で2ヶ月程書かれて終わられたようです。

団塊世代向けのサービスをレビューされているので業界的には非常に貴重なブログだと思うので残念です。

そう、団塊世代向けのいろんなサービスが今いろいろあるわけですが、ブログとかネット上のサービスでうまくいっているのってまだなくどこも手探り状態です。というのも、多分同じ世代の人が企画して実行すればいいんだろうけど、団塊世代でそういうことができる人がいないんでしょうねえ。みんな偉くなって現場や一般ユーザの感覚が多分わかんなくなってたりするんだろうなあ。

それに「シニア=お金持ち」という式を前提にその人たちからいかにお金を引き出すか、が前提にプランが作られているのが非常につまらなく、どうして20、30代をターゲットにした無料サービスのようなノリでできないんだろうかと常に感じてたりします。いや、ビジネス的に(特にリアルでは)間違いではないですけど、実際そのアプローチでネットではうまくいっていないわけで。(ネットをリアルのためのツールという位置づけであればうまくいっていると言えるかもしれないけど)。

そんなわけで私もそのうちじじいになるので、そうなったら同じじじい世代に向けたサービスが提供できるようになるかもしれないので、なんとかそれまで続けていきたいなあ、と思っている次第です。

それにしても2ヶ月で終わるのは惜しい。途中でやめちゃうブログがとても多いのが残念でなりません。

そんな感じでいろいろ考えさせられる今日のラッキーさんでした。


 投稿者 nagasawa : 2007年03月15日 12:50

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:(モダシンへのリンクが記事中にない場合は弾かれます)
2946