« おふくろさん歌唱禁止にJASRAC困惑 | メイン | おやっさんの似顔絵 »


 2007年03月06日

この日のCOTOBACO

Macを使って4ステップでホームページに公開してみる


AppleのCMで言っていることをやってみようシリーズ第2弾です。

前回はiPhotoを使って年賀状を作ってみるということで「Macで年賀状、で、ジーニアスに会ってiWebを使う」というのをやったのですが、今回は3ステップでiWeb用のページを作成して公開する、という例の奴に挑戦してみようと思います。

先日パーティをやったのですが、この時に撮影した写真を参加者に公開したいと思っていたのですが、Flickrを使ってもよいのですが、英語だしアカウント持っていない人もいると困るのでこれに「.Mac」を利用してみることにしました。

やった手順は以下の通り。

1.カメラをiMacにつなぐ。そうするとiPhotoが起動するので写真を取り込む。
2.写真を選んで「iWebで公開」コマンドを実行。iWebが起動して「Photo」用のテンプレートを提示されるのでそれを選択。
3.閲覧IDとパスワードを設定してから公開ボタンをクリック
4.できあがり。

たしかに簡単。CMの通り。コーヒー飲めなかったけど。

特に写真系はこれまでだといちいちサーバにアップしてそれ様のリンク作成したりサムネール作ったりする必要があったりで、できなくはないけど相当面倒だったんですけど、テンプレートデザインとか気にhしなかったらものの5分程度で写真ページができちゃいますね。

ページデザインをオリジナルにしたい、とかカスタマイズしたい、という欲求が出てくるとこう簡単にはいかないんでしょうけど、本当に普通の人がネットで何かを公開したいという場合にはとてもよいソリューションだと思います。

次のiWebでXML-RPCなんかに対応してくれると利用する機会が増えるかもしれません。


 投稿者 nagasawa : 2007年03月06日 13:52

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:(モダシンへのリンクが記事中にない場合は弾かれます)
2910