« ネットショッピングが「カタログ」に勝てない理由が書いていない記事 | メイン | ニンテンドーDSなど、機内での通信ゲームを禁止 »


 2007年03月27日

この日のCOTOBACO

ThinkPadのデザインコンセプト


ITmedia D PC USER:青山祐介のデザインなしでは語れない:ThinkPadは“黒いBento Box”である(前編)――ThinkPadのデザイン思想

レノボ・ジャパンのThinkPadシリーズは、ある程度PCを知っているユーザーであれば、誰でもすぐに“黒い四角い箱”を連想することができるほどのアイデンティティを持つ。日本IBMの時代から頑なに守られるデザインポリシーの中にも、新しいものへの挑戦が込められている。

というわけで、ThinkPadの「黒い四角い箱」のデザインコンセプトについてレノボ・ジャパン 研究・開発 デザイン部長の高橋知之氏がインタビューに答えています。

でも私的にはあの黒い筐体よりも赤いTrackPointキャップの方がThinkPadのアイデンティティなんじゃないかと思っています。

実際に試してみるとどれが1番ということにはなかなかならないんですね。やはり、それぞれ指の表面は、脂っぽい人もいますし、カサッと乾いた人もいる。使う人の好みもいろいろありますから、逆に1個に絞って新しいデザインとするのではなく、いくつか選んでいただくというのが結論として正しいだろうと判断し、3種類のキャップが付属することになったんです。

このキャップ、実際に交換していろいろ試してみるとそれぞれいいんで悩んじゃうんですよ。で、結局デフォルトのやつになっちゃうわけで、デフォルトって素晴らしいなあ。

Lenovo ThinkPlus トラックポイント・キャップ・コレクション [73P2698] Lenovo ThinkPlus トラックポイント・キャップ・コレクション [73P2698]


 投稿者 nagasawa : 2007年03月27日 16:01

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:(モダシンへのリンクが記事中にない場合は弾かれます)
2991