« 花粉キライな人のための写真 | メイン | おふくろさん歌唱禁止にJASRAC困惑 »


 2007年03月06日

この日のCOTOBACO

V.S.O.P.来日


音楽ニュース : リッスンジャパン ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーターらが奇跡の再集結!

60年代から今日まで、ジャズ・シーンの一線で活躍し続けてきたレジェンド・ピアニスト、ハービー・ハンコック。なんと彼が、多くのファンを持つ人気カルテット・V.S.O.P.と同じメンバーで『THE QUARTET Featuring HERBIE HANCOCK, WAYNE SHORTER, RON CARTER, JACK DeJOHNETTE』として来日公演を開催することが決定した。
注目のツアー日程は10月8日(月・祝)アクロス福岡シンフォニーホール、10月11日(水)大阪厚生年金会館大ホール、10月15日(月)東京国際フォーラムホールA、10月17日(水)札幌コンサートホールKitara 大ホール、10月19日(金)東京国際フォーラム ホールAの5公演。

トニー・ウィリアムスの代わりにジャック・ディジョネット。ああ、強力だ。

JAZZギタリストの川崎 燎がジャック・ディジョネットをバックに一度でも演奏しちゃうとしばらくは他のドラマーとはやりたくなくなる、っていうようなことをいっていたんですけど、ああそういうものなんだ、と思ってみたり。

ちなみに私は昔、プロのベースとドラムの人と一緒に演奏したことがあるのですが、もうなんつうかグルーブが全然違ってて、リズムのうねりの中で溺れそうになりました。もう、弾いているより聞いている方が全然気持ちよくなり頭の中真っ白で「あれ?俺今どこ弾いているだっけ?」と曲の中で迷子になっちゃいました。

でもV.S.O.P.はやっぱり一番最初のやつがいいな。若いというだけで。

V.S.O.P.はその若さが重要な気がする。


 投稿者 nagasawa : 2007年03月06日 13:25

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:(モダシンへのリンクが記事中にない場合は弾かれます)
2908