« ギターの音だけ消せるCD内蔵ギターアンプ | メイン | 3月20日のラッキーさん »


 2007年03月19日

この日のCOTOBACO

「YouTubeは著作権侵害に気付いている」--バイアコム弁護士が主張


「YouTubeは著作権侵害に気付いている」--バイアコム弁護士が主張 - CNET Japan

ViacomによるGoogle・YouTune10億ドル訴訟ですが、「YouTubeは「法で守られている」とGoogle」という私のエントリーで、

ポイントは、デジタルミレニアム著作権法に記載されている

同法では、企業が著作権保有者から具体的な侵害の通知を受けた後で迅速に違法コピーへのアクセスを遮断した場合、その企業の法的責任は限定的される。という点らしく、たしかにYouTubeは通知を受けたら迅速に対応してきましたから、この点から法的責任から逃れられるというストーリーみたいです。

と書いたのですが、Viacom側はこれに対して、

サービスプロバイダがDMCAの第512条で規定されている「セーフハーバー条項」の恩恵を受けるためには、サービスプロバイダが「著作権侵害行為が行われていることが明らかである事実や状況に気付いていない」こと、サービスプロバイダが「侵害行為に起因する金銭的利益を得ていない」ことなど、複数の条件を満たしている場合のみである。Viacom の認識では、Googleは上記の基準を満たしていない。

とすることで勝てる、と思っているようです。

ああ、この勝負、ほんと楽しみだなあ。このコメントに対してまたGoogleからなんかコメントが出てくるんだろうなあ。


 投稿者 nagasawa : 2007年03月19日 13:59

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:(モダシンへのリンクが記事中にない場合は弾かれます)
2963