« 3月15日のラッキーさん | メイン | BlogPeople、ジャンル別ランキングとご当地ブログのデザインリニューアルと新サービス「ReviewMe!」を開始しました。 »


 2007年03月15日

この日のCOTOBACO

YouTubeは「法で守られている」とGoogle


ITmedia News:YouTubeは「法で守られている」とGoogle

メディア大手Viacomは6カ月にわたってYouTubeにオブラートに包んだ訴訟の脅しをかけてきたが、この日それを終わらせて、GoogleとYouTubeが「意図的な大規模著作権侵害」を行ったとして10億ドルの損害賠償を求める訴訟を起こした(関連記事参照)。しかしGoogleとYouTubeの弁護士は、自分たちの行動は1998年デジタルミレニアム著作権法(DMCA)により提供される法的保護の範ちゅうにあり、積極的に弁護する準備ができていると語った。

ViacomのYouTubeに対する10億ドル訴訟に対してGoogleは準備万端のようです。

ポイントは、デジタルミレニアム著作権法に記載されている

同法では、企業が著作権保有者から具体的な侵害の通知を受けた後で迅速に違法コピーへのアクセスを遮断した場合、その企業の法的責任は限定的される。

という点らしく、たしかにYouTubeは通知を受けたら迅速に対応してきましたから、この点から法的責任から逃れられるというストーリーみたいです。

どっちも言い分は正しいような気がするのでとにかくこの裁判の結果が楽しみです。


 投稿者 nagasawa : 2007年03月15日 14:38

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:(モダシンへのリンクが記事中にない場合は弾かれます)
2947