« レノボ、Centrino Pro搭載「ThinkPad T61p/X61s」 | メイン | 拓郎うつ病告白波紋 »


 2007年07月11日

この日のCOTOBACO

顔写真を“3D顔アニメ”にするソニー発の技術


ITmedia News:PSP版「ハルヒ」にも 顔写真を“3D顔アニメ”にするソニー発の技術

2次元の顔写真を数秒で3次元アニメに変える――そんな技術が実用化された。PSP版「涼宮ハルヒの憂鬱」で採用されており、ゲームだけでなく、美容院や眼鏡店などでも応用できるという。

これはすごいですね。そんなわけでデモムービーです。最後に私に似た人が出てくるので是非家族に見せたいと思います。

2次元の顔画像から目や鼻、口など特徴点を抽出し、仮想的に3次元化。あらかじめ設定しておいた目や口、首などの動きのパターンに合わせて“仮想3D画像”を動かす。人の顔写真だけでなく、キャラクターの顔画像でも利用可能だ。

ここまでくるとあとはアプリケーションというかどういうサービスでどう見せていくか、だと思うのですが、そういうのが得意そうな人たちがたくさん周りにいそうなので、これの展開は結構楽しみ!


 投稿者 nagasawa : 2007年07月11日 14:02

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:(モダシンへのリンクが記事中にない場合は弾かれます)
3426