« Matroxの2画面出力アダプタ「DualHead2Goデジタル版」 | メイン | 顔写真を“3D顔アニメ”にするソニー発の技術 »


 2007年07月11日

この日のCOTOBACO

レノボ、Centrino Pro搭載「ThinkPad T61p/X61s」


レノボ、ノートPC「ThinkPad」4モデル

レノボ・ジャパン株式会社は、ノートPC「ThinkPad T61p」、「同X61s」を発売した。

T61pは価格が高いのでどうでもいいとして、ポイントはX61sですね。

インターフェイスはUSB 2.0×3、IEEE 1394×1、Type2 PCカードスロット、SDカードスロット、IEEE 802.11a/b/g/n無線LAN、Gigabit Ethernet、Bluetooth Ver2.0+EDR、モデム、ミニD-Sub15ピン、指紋センサー、TPMセキュリティチップ、音声入出力などを備える。

しっかり802.11nとGbitイーサ、bluetooth、SDカードスロットもサポートされているし。重量も1.3Kgとまあ悪くない重さです。

で、メモリが1GBなのは「7668A11」というモデルなのでこれをベースに仕様と価格を比較したページがこちら

ふむ、メモリを2BGにしてディスクを160GBにすると222,390円なんですね。で、メモリは別に買おうかと思ったのですが、「X61カスタマイズモデル」っていうのだと重量が1.42kgになってしまう!でも値段の安さは魅力だし・・・

でもバッテリー駆動時間が4時間ってのもなあ・・・

悩む、という楽しい時間をすごそうっと(はあと


 投稿者 nagasawa : 2007年07月11日 13:35

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:(モダシンへのリンクが記事中にない場合は弾かれます)
3425