« ドコモ、FOMA向けiDアプリをバージョンアップ | メイン | gigabeatが半額 »


 2007年07月25日

この日のCOTOBACO

オリンパス、E-410/510のファームウェアをバージョンアップ


オリンパス、E-410/510のファームウェアをバージョンアップ

オリンパスは25日、デジタル一眼レフカメラ「E-410」と「E-510」のファームウェアを更新した。付属ソフトのOLYMPUS Masuter 2または別売のOLYMPUS Studio 2経由でアップデートする。
一部の高速CFで書き込みが不安定になる現象が改善されている。

高速って何倍速以上のことをいうのかなあ・・・。

また、E-410のみ、ライブビューでホワイトバランスが確認しやすくなり、画像消去後にファイルネームがリセットされる現象が改善されている。

今でも結構ホワイトバランスの確認はよくできていると思うのですが、これはバージョンアップ後が楽しみです。

アップデート内容

OLYMPUS デジタル一眼レフカメラ E-410 ダブルズームキット OLYMPUS デジタル一眼レフカメラ E-410 ダブルズームキット

一眼レフ上級者だけでなく、始めてデジタル一眼レフを買うという方(特に女性)にもオススメです。この製品の特徴は、 ・ 世界最小最軽量:ボディだけではなく電池やレンズまで含めて、他社の製品よりも格段に小さくて軽いです。旅行やアウトドアに持って行っても肩がこらないし、女性の小さな手でも操作しやすいサイズです。 ・ ライブビュー:コンパクトデジカメと同じように液晶画面を見ながら撮影できます。(コンパクトデジカメより多少使いづらいかも知れませんが) 他社のレンズ交換式一眼レフ入門機ではそれができません。 ・ダストリダクション:オリンパスとパナソニック、ライカのデジタル一眼レフカメラには、自動的にボディ内部のホコリを除去する機能が搭載されています。(他のメーカーのものは搭載されていない、あるいは搭載されていてもほとんど効果がないので、定期的に内部を掃除する必要があります。掃除を自分でやるとローパスフィルタに傷を付ける可能性があるし、いちいちサービスセンターに依頼というのも面倒くさいと思います) ・画質の良さ:階調が豊かで高感度ノイズも少なくなりました。広角でも他社のように周辺が薄暗くなることはまずないし、(レンズキットの場合は)セットのレンズもズイコーレンズというだけあって、(この値段にしては)かなり良い写りです。

OLYMPUS デジタル一眼レフカメラ E-510ダブルズームキット OLYMPUS デジタル一眼レフカメラ E-510ダブルズームキット

一眼レフ上級者だけでなく、始めてデジタル一眼レフを買うという方にもオススメです。この製品の特徴は、 ・ 手ブレ補正:この手ブレ補正機構は(某カメラ雑誌によると)他社製品と比較しても一番効果があるそうです。しかもレンズ側ではなくボディ内に搭載されているので、後から高価な手ブレ補正レンズを買い足す必要がなく経済的です。 ・ 小型軽量:姉妹機のE-410には負けますが、他社製品と比べるかなり小さくて軽いです。旅行やアウトドアに持って行っても肩がこらないサイズです。 ・ ライブビュー:コンパクトデジカメと同じように液晶画面を見ながら撮影できます。他社の一眼レフ入門機ではそれができません。 ・ダストリダクション:オリンパスとパナソニック、ライカのデジタル一眼レフカメラには、自動的にボディ内部のホコリを除去する機能が搭載されています。(他のメーカーのものは搭載されていない、あるいは搭載されていてもほとんど効果がないので、定期的に内部を掃除する必要があります。) ・ 画質の良さ:階調が豊かで高感度ノイズも少なくなりました。他社のように周辺画質が劣化することはないし、(レンズキットの場合は)セットのレンズも値段の割にはかなり良い写りです。 ・ 交換レンズ:オリンパスだけでなくライカやシグマのレンズとも互換性があり、デジタル専用レンズのバリエーションはかなり豊富です。しかも画質の優れた望遠レンズが、他社より格段に小さくてリーズナブルです。


 投稿者 nagasawa : 2007年07月25日 15:32

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:(モダシンへのリンクが記事中にない場合は弾かれます)
3482