« シックスアパートの新聞ブログ | メイン | 8月1日のラッキーさん »


 2007年07月31日

この日のCOTOBACO

車制御に「日の丸OS」開発へ、先行の欧州勢に対抗


車制御に「日の丸OS」開発へ、先行の欧州勢に対抗 : 経済ニュース : 経済・マネー : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

経済産業省は28日、自動車メーカー10社と共同で、自動車のエンジンなどを動かす電子制御装置に組み入れる「基本ソフトウエア(OS)」の開発に乗り出す方針を決めた。週明けにも発表する。 パソコンのOSは米マイクロソフトの「ウィンドウズ」が世界を制覇しているが、自動車では欧州勢が先行している。これまで日本企業はそれぞれが独自開発に取り組んできたが、共同開発で、一気に世界標準を狙う。

トヨタ自動車、日産自動車、ホンダなどの主要自動車メーカーや部品、電機メーカーが参加する自動車用ソフト開発の共同事業体「JasPar(ジャスパー)」というところが作るそうです。

自動車用のOSねえ・・・と思ってたら実は既にあるんですね。

現在、世界最大手の自動車部品メーカー、独ボッシュの自動車用OS「オーゼック」が、世界市場の約7割を占め、自動車版の「ウィンドウズ」になりつつある。さらに、BMWやダイムラー・クライスラーなど欧州勢は共同で、次世代OSの開発に取り組んでおり、08年には試作品が完成する見込みだ。

OSとはいわないまでも制御プログラムは動いているわけでそれが1つの共通基盤で動作する、って考えればいいのかなあ。

ハッキングだけが本当にこわいです。

でも、とにかくがんばって欲しいですね。そして世界標準になってほしい!


 投稿者 nagasawa : 2007年07月31日 19:50

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:(モダシンへのリンクが記事中にない場合は弾かれます)
3510