2004年01月02日

人生ゲーム

去年は人生ゲーム35周年記念の年だったんですね。

http://www.takaratoys.co.jp/jinsei/

“~人生、山あり谷あり~”のコピーで始まるテレビコマーシャルと共に「人生ゲーム」が日本で発売されたのは、1968年(昭和43年)のことでした。 日本のGNP(国民総生産)が西ドイツを抜いて世界第2位になり、3億円強奪事件が世間を騒がせていた頃、 そして世紀の大イベント「日本万博博覧会」を2年後に控えてまさに「いざなぎ景気」に沸く、高度成長の絶頂期でした。

子供の頃、お正月に親戚がみんなあつまったときなどカルタやトランプに並び人生ゲームをして盛り上がった記憶があります。そんなわけでうちも新しい人生ゲーム「人生ゲームEX」というのを買ってみました。

1ゲームで約1時間で5ゲームほどやりましたが、毎回毎回ドラマがあり、とても楽しめました。母も孫たちと遊べて嬉しいそうです。

いいものというのはいつの時代でも通用し愛されるものなんですね。もちろん、時代に合わせて微妙に変えていっているメーカーのスタッフの方々の努力もあるからなのでしょうが。

普段はコンピュータゲームばかりですが、人生ゲームみたいなアナログのボードゲームも大勢でわいわいいいながらやる分にはとてももりあがっていいです。お金の計算も自分でやらないといけないというのは逆に新鮮だったりします。

スローライフだったりスローフードとかスローブームだったりしますが、たしかにITが進んで失った部分もたくさんあるので、効率だけを考えず、本質を大切にすることが再認識される年に今年はなるんじゃないかなあと思っています。


投稿者 nagasawa : 2004年01月02日 23:33 | トラックバック(0)

コメントrss.gif
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?

以降のコメントをメールで受け取る