« ハワイのお土産 | メイン | ユニクロのCM »

 2003年08月24日

ダイヤモンド・ヘッドの幻想

ハワイの歩き方 -アクティビティ情報- ダイヤモンドヘッド・トレッキング

なぜかわからないのですが、私はダイヤモンド・ヘッドって岬のようなものだとおもっていました。で、ダイヤモンド・ヘッドへの観光、というとなんか乗り物にのっていくともうそこはダイヤモンド・ヘッドで、そこからはハワイの町並みが見えてっていう感じで、そう、ナイヤガラの滝見学のようなもんだと思っていました。

でも、全然違いました(汗

事の発端は街中に買い物にいこうと思って乗り込んだJTBのOLI OLIトロリーがたまたまダイヤモンド・ヘッド行きだったので、前述のような誤解を持っていた私たちは「これも何かの縁だからダイヤモンド・ヘッドを「見学」にいこう!」ということになりました。見学・・・それはなんて大きな過ちだったんでしょう。

ダイヤモンド・ヘッドに到着すると運転手から「本当に降りるのか?」ときかれました。同上していた他の人たちも降りる気配がありません。「ああ、ここから歩いていくんだな」と思いどれぐらい時間がかかるか聞いてみました。すると「人によるけど2~30分かな」という答えが返っていたので下車して「見学」しにいくことにしました。

ダイヤモンド・ヘッドって山だったんですね・・・
さあ、プチ登山、かっこよくいうとトレッキングの始まりです。

その日はすげー暑い日で、登山するならそれなりの格好が必要なわけですが、こちらはまったくの無防備です。

ダイヤモンド・ヘッドを見上げると結構な高さです。それでもテクテク歩いていきました。途中までは舗装されていた道路も山道に変わり滑りやすくなり多少危険に。

ここでゴールかあ!とおもったその先は真っ暗なトンネルがあり、さらに100段階段の試練があり、最後にまっくらな中の螺旋階段をのぼってゴールです。

ゴールでは登山証明書が$2で売られていました。

実はその先もあってもうちょっと上ると本当の頂上です。よく見るダイヤモンド・ヘッドからの写真はここから撮られているものです。

ここから見るとダイヤモンド・ヘッドって典型的な盆地であることがよくわかります。

まあ、なんにしても大きな誤解がとけてよかったです。

それにしてもゴール地点で登山証明書を販売しているお兄さんは毎日毎日ここまで上ってくるわけで、他人事ながら「それで君の青春は本当にいいのか?」と思ったのはここだけの話。


 投稿者 nagasawa : 2003年08月24日 14:46

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.aivy.co.jp/cgi-bin/naga/MT3/mt-tb.cgi/21

このリストは、次のエントリーを参照しています: ダイヤモンド・ヘッドの幻想:

» 登録番号 4006 from ナオミの旅日記
ここに一通の封書がある。 (実はずっと前に届いていたが、忙しさにかまけて開けたのが今日) 差出人は、   茶店 山小屋 キターーー!... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2004年12月07日 13:24

 コメント

 コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)