« ユニクロのCM | メイン | Macromedia製品のバージョンアップ »

 2003年08月26日

左右スクロールが可能な

マイクロソフト、左右スクロールが可能な「チルトホイール」を発表

Macのマウスのボタンは1個です。今私がWindowsで使っているマイクロソフトマウスにおは4つのボタンと1つのスクロール・ホイールがついてます。ロジテックのトラックボールにいたってはボタンは8個もついてます。

「そんなにボタンついてたって使わねーよ」と思う人が多いと思いますが、少なくとも私はもうマイクロソフトマウスからは離れられません。通常の右・左ボタン以外のボタンはブラウザの「戻る」や「進む」で画面のスクロールに利用するのですが、慣れるとこれなしにはブラウジングする気も起こりません。すげー便利。でもさすがにロジクールの8個ボタンは多すぎかな。使っても5個ですね(笑

さて、そんな今でも十分便利なマウスにマイクロソフトはさらに機能を追加しようとしています。それがチルトホイール機能。

今回発表されたチルトホイールは、上下の回転のほか、ホイールを左右に傾けることで、左右方向へのスクロールを可能にしたもの。これにより、大きなWebページや表計算シートを使う際に、画面上のナビゲーションバーまでマウスカーソルを移動させる必要がなくなり、よりすばやい操作が可能になるとしている。なお、ホイールをクリックすることで中ボタンとして利用できる機能は、チルトホイールでも継承される。

ホイールを傾けることで左右スクロールかあ・・・気づかなかったなあ。きっとこれなしには生きていけない体になってしまうんだろうなあ。

恐るべし、マイクロソフト。


 投稿者 nagasawa : 2003年08月26日 11:35

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.aivy.co.jp/cgi-bin/naga/MT3/mt-tb.cgi/23

 コメント

 コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)