« 世界初! 南極・北極同時オーロラをカメラがとらえた! | メイン | 松本零士Special!! 祝! 画業50周年 »

 2003年09月24日

Let It Be…Naked

アルバム『レット・イット・ビー』のオリジナル・ヴァージョンが30年以上の時を越え、ついに登場。フィル・スペクターの手によるオーケストラ、コーラスや、サウンド・エフェクトなどをそぎ落とし、ビートルズの演奏の部分だけを残しリミックスされている。これによって、ザ・ビートルズがいかに素晴らしい演奏をしていたかが再確認できる。 メンバーの会話、「ディグ・イット」「マギー・メイ」をカットし、「ドント・レット・ミー・ダウン」を新たに収録。1970年にリリースされた『レット・イット・ビー』とは異なる内容の全11曲。

レコーディング時の音がそのまま収録されていることでファンにはたまらないビートルズの「Let It Be…Naked 」で私も発売日をわくわくしながら待っているんですが、なんとCCCDで出るようです。

amazon

そりゃねーよな、と思ったのと同時に、Johnが生きていたらなんていうんだろうなあと思いました。

ああ、面倒だ。


 投稿者 nagasawa : 2003年09月24日 15:16

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.aivy.co.jp/cgi-bin/naga/MT3/mt-tb.cgi/114

 コメント

 コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)