« スペースインベーダー筐体型コントローラ同梱セット登場 | メイン | NIKKEi IT PROのJava/J2EEサイト »

 2003年09月18日

WPC EXPO 2003 特設BLOGサイト

wpcblog

WPC EXPO開催に合わせて「WPC EXPO特設BLOGサイト」がオープンして各所で話題になっています。

出版社がblogをやるというのは非常に興味深い行為だと思います。なぜなら出版の現場では「原稿→文字校正→誰かのOK→誰かのOK」という手順を経て初めて人の目に記事が触れるようになるわけですが、blogの場合記事のエントリー作業は「脊髄反射」的なスピードで行われるわけで、そのあたりの矛盾をどうするのかがポイントになってくるのではないかと思います。

やはり読者側からするとblogという形態であるならば、moblogなりと組み合わせて各社ブースから直接写真をとってひとことコメントなりがついた記事がバンバンアップされるというのを期待するはずです。

でもやっぱりそんなことはなく、17日のエントリー数は2つしかありません。やっぱり記事のアップの途中にいろいろなチェックがはいるのでしょう。

日経BP社の公式のWebサイトの1つではなく「実験」とか「アンオフィシャル」といったお題目をつけてやってればもっとblogの価値を引き出せたものになったのではないかと考えます。

という脊髄反射的な感想でした。

そしてそれは結果として読者の利益にもつながるんだと思うけど、やっぱり会社って簡単には物事進められないよね。


 投稿者 nagasawa : 2003年09月18日 11:57

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.aivy.co.jp/cgi-bin/naga/MT3/mt-tb.cgi/100

 コメント

>「実験」とか「アンオフィシャル」といったお題目をつけてやってれば

それって ウチのイベントのページ(w
(運営者のネット普及率が低かったので、私一人で更新しても文責に関する文句が出ないように個人サイト、という形にした。)

すでに、当初の目的から かなりズレてる気もします(汗

投稿者 asimov : 2003年09月19日 23:52

 コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)