« iPod ShuffleでRAID構成 | メイン | ビジネスブログブック »

 2005年02月10日

座右の銘

中学校受験では親への面接がある学校があります。で、その時に「ご家庭の座右の銘は何ですか?またそれを毎日の生活でどのように実践していますか?」と聞かれるそうです。

今時、座右の銘を持ち、かつ、それを日常生活で実践している家庭ってどれぐらいあるのでしょうか?
というか、座右の銘というのは持たなければならない類のものなのだろうか。

確かにコアとなる「信念」のようなものがないと、ゆらゆら帝国がごとく発言に一貫性がなく、したがって「責任」というものに対する自覚がなくなるので社会で将来生きていく上で非常にまずいことになりそうなのでやばいとは思うのですが、それをあえてむずかしい4文字熟語で表す必要もないんじゃないかな、と。

というか座右の銘というのは今で言う「キャッチコピー」のようなもんで、「話せば長くなるんだけど」という類の話の主題を漢字でコンパクトにまとめたものだと思うんですが、んな「話せば長くなるような話」を信念として扱うのっておかしくないか、と思ったり思わなかったり。

まあ、どうでもいいんですが、じゃあ現実的に面接があった時に「あなたの座右の銘は?」と聞かれたら「ないです」って答えるかというと、その時の気分次第かな。何も浮かばなかったら「ない」っていうしかないけど、もしかしたら「iTMSを日本にも!」とか「打倒眞鍋かをりトラックバック記録!」と突然言い出すかもしれません。

会社の入社面接でも座右の銘なんて聞かれるのかなあ。


 投稿者 nagasawa : 2005年02月10日 18:00

 トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.aivy.co.jp/cgi-bin/naga/MT3/mt-tb.cgi/2448

 コメント

 コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)