サイト内検索:

ハトのふんで滑った米男性、約7億円の賠償金獲得

ハトのふんで滑った米男性、約7億円の賠償金獲得

米ニューヨーク(New York)在住の元ホテルのドアマンの男性(56)が、地下鉄の駅構内の階段上にハトのふんがあったため滑って転び、けがを負ったとして同市交通当局を訴えていた裁判で、613万ドル(約7億円)の賠償金を勝ち取った。地元ニューヨーク・ポスト(New York Post)紙が24日、伝えた。

約7億円って・・・!

同紙によると、男性はシェルトン・スチュアート(Shelton Stewart)さん。スチュアートさんは1998年、出勤時に地下鉄構内の階段にハトのふんがあることに気づいていたにも関わらず、仕事帰りに同じ場所で滑って転び、首と背中にけがを負った。

「あることに気づいていた」で転ぶのって・・・。

陪審は同当局に対し、767万ドル(約8億8000万円)の賠償金支払いを命じた。ただ、スチュアートさんにも、ふんを避け損ねたとして20%の過失が認められたため、当局は賠償金総額の80%の613万ドル(約7億円)を支払うことになった。

まあ、損害賠償が払われるってのはいいとしても、せいぜい治療費とその間の賃金保証+アルファぐらいが妥当だと思うんだけど、なんで7億もの判例が成立しちゃうのかなあ。

もう全米が鳩の糞に向かって走り出しますよ。



カテゴリ

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ハトのふんで滑った米男性、約7億円の賠償金獲得

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.aivy.co.jp/cgi-bin/naga/MT4/mt-tb.cgi/477

» 無責任こそが勝者となる社会(Kazu'Sの戯言Blog(新館))~のトラックバック

ハトのふんで滑った米男性、約7億円の賠償金獲得 このニュースを見て大抵の日本人は笑うか、首をかしげるかでしょう。確かに7億なんて金額がまかり通るのは... 続きを読む

コメント

COTOBACO


連絡とか感想とか何でも↓にコメント書いてくださいね。

COTOBACOに投稿(読む)

このブログ記事について

ひとつ前のブログ記事は「KDDI、「1年天下」のワケ」です。

次のブログ記事は「結婚延期…理恵さんには“大きすぎた”包茎専門医」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

新着DVD

BlogPeople PEOPLE

【Atom Netbook/MID】

【ガジェット!ガジェット!ガジェット!】

【あなたのライフハック大募集! 】

トラックバック・ピープル

[BlogPeopleピープル]

[iTMSピープル]

お誕生日おめでとう

Yahooで取り上げられた記事

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

昨日のアクセストップ5

ブログリンク