サイト内検索:

福島県、洗髪設備義務化へ

カット専門店、事実上規制 / 2月定例会に条例改正案

県は、新規参入する理容・美容室に洗髪設備をつけることを義務づける条例改正案を17日開会の県議会2月定例会に提出する。公衆衛生の向上が理由だが、洗髪設備を持たないカット専門店にとっては事実上の出店規制となりかねず、「消毒や器具交換はきちんと行っており、衛生上問題はない」と反発している。

また官製不況が・・。

10分1000円といった洗髪設備のないカット専門店に対して、個人営業を中心とした理容室や美容室の組合が「散髪後、切った髪が飛び散って不衛生」などと洗髪設備の設置を求める請願書を県議会に提出、賛成多数で採択されたそうです。

「散髪後、切った髪が飛び散って不衛生」と言ったって店舗の中の話ですからね。普通の散髪屋でも髪の毛洗う前に髪の毛切ってるわけだし。意味がわかんない。

で、当然カット専門店は

「お客さんが入れ替わるたびに、器具の交換や消毒は欠かさない」と、衛生上の問題はないとする。

と反論するわけですが、通らず。で、おかしいのが、

ただ、今回の改正案は、洗髪設備の設置は義務づけているものの、洗髪そのものについては義務づけていない。このため、同社では「今後、新規参入した場合、洗髪設備は設置しても、洗髪はメニューには載せない方針」と話している。

むちゃくちゃだ。頭おかしいんじゃないか、福島県議会。
単純にカット専門店に対するいやがらせですね。

県食品生活衛生課は改正案の狙いについて「カット専門店に洗髪設備をつけて、短時間でシャンプーもカットもできるとなれば、店と客の双方にとって選択肢が増える。これをきっかけに、既存の理容・美容業界を活性化させることが、ゆくゆくは消費者である県民のためになる」と説明している。

消費者は、できるだけ安く普通に短く切ってくれれば、洗髪は家でやるからいいよ、というスタンスだと思うんで、余計なお世話ですね。

というかカット専門店はコストがかかる洗髪行程を省略することで低価格を実現し、そしてそれが消費者に受けいられたわけだから、なんでそれを邪魔するんだろうなあ、もう。



カテゴリ

コメント

COTOBACO


連絡とか感想とか何でも↓にコメント書いてくださいね。

COTOBACOに投稿(読む)

このブログ記事について

ひとつ前のブログ記事は「振り込め詐欺事件犯人の写真公開!! :警視庁」です。

次のブログ記事は「Windows Mobile 6.5がやばい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

新着DVD

BlogPeople PEOPLE

【Atom Netbook/MID】

【ガジェット!ガジェット!ガジェット!】

【あなたのライフハック大募集! 】

トラックバック・ピープル

[BlogPeopleピープル]

[iTMSピープル]

お誕生日おめでとう

Yahooで取り上げられた記事

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

昨日のアクセストップ5

ブログリンク