サイト内検索:

なぜ、20代高学歴女子は「専業主婦」狙いなのか

なぜ、20代高学歴女子は「専業主婦」狙いなのか

内閣府の意識調査によると「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきである」という質問で女性の賛成派は20代が60代についで多いという結果が出た。ちなみに、反対派が一番多いのは40代である。 「自分が輝くための仕事すらもういらない、仕事をしなくてもいい男と結婚したい」というのが今の20代なのだ。

ふむふむ。30代はどっちなんでしょうね。

アラフォー世代にとって、専業主婦とは誰もがなれるものだったから逆に華々しいキャリアが欲しかった。

ですね、わかります。

しかし今や「専業主婦」としてのんびり子育てすることこそが女のステータスで、働くことはただの苦行。背景には、男女雇用機会均等法施行後20年以上たっても一向に改善されない女性たちの働く環境への絶望と、理想の「働く女性のモデル」の欠如がある。先輩世代の働く女性たちが、結婚や出産との両立に苦労している姿を見て、母親が幸せな専業主婦だった20代女性たちはそちらに理想のモデルを見てしまうのだ。

なるほどなあ。
自分の会社の社長が乗っている車見たり、不祥事起こして記者会見で泣いたり土下座している姿見て社長という役職になんのあこがれも抱かなくなった、ってのと同じようなもんなのかな。

正社員の座を安易に手放すことをリスクと思わないのだろうか。今、世の専業主婦たちの多くが、夫の収入減で働こうとしても仕事どころか保育所すら確保できない現実を彼女たちはどう見ているのか。

でも、昔は結婚したら専業主婦になっていた人が社会に出て働き出した、ということで、ものすごく単純に考えて労働人口は倍ぐらい(ええ、そんなにいませんよ)になっているわけで、だから就職先がなくなっているんじゃないか、って考えると、もしかして結婚した女性がみんな専業主婦になると労働人口と企業の需要のバランスが取れて旦那さんの収入減もなっちゃうのかもしれません。政府はそういうシミュレーションってしていないのかな。



カテゴリ

コメント(1)

昔は働かないでも食っていけるのが貴族、働かないと食っていけないのが庶民、といった価値観があったようですが、専業主婦も共働き主婦も、家事負担がそれほどかわらないのであれば、専業主婦志向が進むのも頷けます。

「負け組女」が流布しはじめたあたりが、おそらく転換点のように思えます。

あとは、行き過ぎたフェミニズム論や、機会均等と役割同等をごっちゃにすることが減ってきたこともあるのではと。

まぁ、仰るように、夫全体と妻全体がワークシェアしても、自分たちの首を絞めるだけのような気もします。

コメントする

COTOBACO


連絡とか感想とか何でも↓にコメント書いてくださいね。

COTOBACOに投稿(読む)

このブログ記事について

ひとつ前のブログ記事は「バッファロー、OS終了時にデータを保存可能なRAMディスク作成ソフトを無償公開」です。

次のブログ記事は「MSが6月の月例パッチ公開、"緊急"6件を含む計10件」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

新着DVD

BlogPeople PEOPLE

【Atom Netbook/MID】

【ガジェット!ガジェット!ガジェット!】

【あなたのライフハック大募集! 】

トラックバック・ピープル

[BlogPeopleピープル]

[iTMSピープル]

お誕生日おめでとう

Yahooで取り上げられた記事

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

昨日のアクセストップ5

ブログリンク