サイト内検索:

グーグル、Android向けのアプリケーション2種を発表-検索以外の音声入力が可能に

Googleは米国時間8月12日、サンフランシスコの本社でプレスカンファレンスを開催し、Androidの新アプリケーションを2つ発表した。

グーグル、Android向けのアプリケーション2種を発表--検索以外の音声入力が可能に

1つ目に披露されたのが、音声によって操作を入力する機能。
このアプリケーションではすでに利用が可能になっていたウェブ検索以外に、音声のみで電話をかけたり、電子メールを送信したりする機能など12種類のボイスアクションが用意されている。筆者が興味を覚えたのは「note to self(自分宛のメモ)」というアクションだ。マイクボタンを押して「note to self」という言葉に続けて用件を発声すると、それがテキストに変換される。

ダウンロードしてみました。

まあ予想されたことではあるんですが、私の英語だとうまく認識されませんね(汗

「Call to」が「交通」って認識されていたりとかさ・・・しくしく

でも「Wearther in Tokyo」はうまく動きました!

でもでも、オフィスの中で声を出して検索、ってちょっと恥ずかしい行為ですね。

今回発表されたもう1つのアプリケーションは、デスクトップのChromeブラウザとAndroid端末上の情報を同期させるというもの。ChromeブラウザとAndroid端末の双方のエクステンションが連係して動作する。デスクトップで目的地までの道順を調べ、それをAndroidに転送するといった使い方が可能だ。

これは今回発表されたわけじゃなくて、以前からあった「Chrome-to-phone」のバージョンアップでした。Chrome側のプラグインとAndroid側のアプリの両方のバージョンアップが必要なようです(Chromeのプラグインってアップデート機能がないんですね。一度アンインストールしてからインストールしてあげないといけないみたい)。

それにしても、昔音声でいろんな機器に命令する、ってのが21世紀っぽかったわけですが、以下のビデオを見るとそんな世界がもう実現されつつあるな、って感じがします。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2010年8月13日 15:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Twitter、公式「Twitter Button」を発表」です。

次のブログ記事は「ToDoMail用のiPhoneフロントエンドページを作ってみた。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。