サイト内検索:

これはやられた、って感じでクリエイター必見なArcade Fire meets HTML5なサイト

やられた!と思ってもまあ真似できないと思いますが・・・。

オフィシャルなGoogle Blogで紹介されていたサイトです。

Arcade Fireというインディーズのバンドがいて、そのプロモーションサイトのようなもんなんですが、HTML5で作られていて、それがさ、まったくやられちまったよ、って感じのすごい出来です。

スクリーンショットはFirefoxで撮っているのでボタンが「TRY ANYWAY」となっています。つまりChromeじゃないとうまく再生できません。

「We Used to Wait」という曲に併せてウィンドウが開いたり閉じたりするわけですが、これは実際に見てみないとわかんないかもしれません。

最初に場所を入力するのですが、TOKYOとかだとストリートビューのデータが少ないけどいいか、みたいに聞かれるので、ここは素直にNYCとかSan Franciscoと入力しておくとよいかもしれません。

こういうのってクリエイターの人だったら誰でもやりたかったことだと思うんだけど、同期の問題があるんで1つのウィンドウの中でしかやれなかったんだと思いますが、このサイトでは見事にマルチウィンドウで世界を表現しています。しかもストリートビューのデータ使っちゃうってのが贅沢だなあ。

以下はGoogle Blogでの紹介記事です。

Official Google Blog: Arcade Fire meets HTML5

実際のサイトはこちらです。クリエイターの方は刺激受けまくってください。Chromeでアクセスしてくださいね。

The Wilderness Downtown

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2010年8月31日 19:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Gmailの新しい機能「Priority Inbox」(ベータ)」です。

次のブログ記事は「9月1日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。