サイト内検索:

Intel、McAfeeを77億ドルで買収

米Intelは19日(現地時間)、セキュリティ関連の大手ソフトウェア会社である米McAfeeを買収すると発表した。買収総額は76億8千万ドル。これにより、McAfeeはIntelの完全子会社となる。

Intel、McAfeeを77億ドルで買収

なんでIntelがマカフィーを?と思ったら、

買収の目的についてIntelは、今後発生が予想される新たなセキュリティ脅威に対応する製品を開発するためと説明。
具体的には、現在のセキュリティに対するアプローチが、携帯電話や、車、TV、医療機器、ATMなど何十億ものデバイスがインターネットに接続されることを想定したものではないため、新たな脅威に対応するには、ソフトウェア、ハードウェア、サービスすべてを含んだ基礎的な新しいアプローチが必要であるとしている。

まあ、確かにその通りで、低消費電力化が一段落したら次はセキュリティ系をどう実装していくか、という話にはなるんだろうけど、でも76億8千万ドルも出してマカフィーを買収してまでやりたいレベルのことなのだろうか。

低消費電力化でもいわゆるMIDの分野だと成功しているとは言えないんだけど、逆を考えればCPUでは入っていけないけどセキュリティチップとしては入っていけるって思っているのかな。

まあ、セキュリティチップ単体で考えればそれこそ携帯電話や、車、TV、医療機器、ATMなどものすごい数のデバイスへの採用機会がありますからね。そこで入り込んで、あとは「悪くない」CPUが用意できれば確かにチャンスは広がるでしょう。

でもなあ、別にマカフィーじゃなくてもよかったような気がするんだけどなあ。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2010年8月20日 13:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「8月20日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「ぷらっとホーム、DHCPやDNSの用途に絞った小型アプライアンス4モデル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。