サイト内検索:

「儲かる時代はとうに終わった」赤貧・歯科医の告白

コンビニの数より多い......

「儲かる時代はとうに終わった」赤貧・歯科医の告白

ああ、確かにコンビニの数より多いかもしれませんね・・・。
コンビニもですが、「多いな」ヘと思うアーカットサロンよりも多いかもしれません。

「投資に失敗したなどの理由ではなく、本業の赤字で夜逃げする歯科医が現れました。多くの歯科医院が内部留保を取り崩すジリ貧の状態です」

で、なんでじり貧になっているかというと、

そんな歯科医の黄金時代は、保険制度の変化とともに終焉。先述のベテラン歯科医は「81年、健康保険の1割の自己負担が導入されたことが、終わりの始まりでしょう。それまで保険治療はタダでしたから、患者は1割でも非常に大きな負担に感じたと思います。それが、97 年には2割、今では3割負担です。病気になれば病院に行こうと思うでしょうが、歯が少し痛むくらいでは歯医者には行かなくなってしまった。目新しい技術革新もないまま、バブルが崩壊してずっと不景気。日歯連による自民党橋本派への巨額の不正献金事件が発覚し、社会的地位も著しく下がってしまった」と説明する。

という医療費の自己負担率の増加、そして、

健康保険法の改正の一方で、国は医師および歯科医師を増加させる政策を実施した。医大、歯科大の新設ラッシュが起こり、大幅に定員増。医師も、歯科医も急激に増加した。特に歯科医は「儲かる」イメージが強い割に、医学部よりは偏差値も低く、希望者が殺到することになった。

という需要に対する供給過多が原因のようです。

お医者さんの中でも歯医者さんは他とはちょっと違ってて予約制で時間のコントロールできたりするのが医師希望者には魅力的だったりしたわけですが、みんな同じように思って歯科医を志望していたわけで、それが今になってこんな形になってしまうとは。

でもうちの会社が入っているビルにも歯科医院さんがあって、そこはとても気に入っているのでつぶれないように歯のチェックにでもいってみようかな。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2010年8月26日 14:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大量の音楽、写真、ビデオを自分のコンピュータからiPhoneにストリーミングできるLiboxアプリ」です。

次のブログ記事は「ポストイットのファンに捧げるMicrosoft Office Labの「StickySorter」というアプリがなかなか面白い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。