サイト内検索:

スティングがミシェル・ルグランとやっている新譜「シンフォニシティ」がかっこいい

スティングです。昔ポリスのあのスティングです。

そのスティングの新譜はなんとオーケストラとの競演。しかもあのミシェル・ルグランです。アルバムタイトルが「シンクロニシティ」じゃなくて「シンフォニシティ」というのがまた洒落ています。

で、オーケストラとの競演、となるとなんというかチャーリー・パーカー with ストリングス、とか、フランク・シナトラみたいなイメージが頭の中に広がるのですが、さっきラジオで聞いた限りはロックです。もう弦楽器が暴れています。ええ、聞いたのは「ネクスト・トゥ・ユー」なんですけどね。

名門ドイツ・グラモフォンからの3作目にあたる今回のアルバムは、ディープ・パープルを始めとする多くのロック・バンドからボチェッリやパヴァロッティなどのクラシックのビック・ネームとの共演、さらに映画音楽やロックのオーケストラ・アレンジ・ヴァージョンなどでも知られる英国の名門ロイヤル・フィルハーモニック・コンサート・オーケストラと一緒に、ポリス時代やソロのヒット曲や代表曲を壮大なスケールで新たな色に染め直した、まさに"ベスト・オブ・ポリス&スティング"の荘厳で劇的なシンフォニック・ヴァージョンともいうべき話題作!
「ロクサーヌ」「ネクスト・トゥ・ユー」「マジック」といったポリス時代の代表曲に、「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」などソロ名曲の数々を名門オーケストラと再録音。オリジナルとは一線を画する、ロックとクラシックの新たなる融合を目指した、スティングらしい意欲作ともいうべき内容。オーケストラ・アレンジにはミシェル・ルグランなど、才能溢れる名アレンジャーが手がけ、最高のパフォーマンスが期待されている。

最初ラジオで「ネクスト・トゥ・ユー」を聞いた時は「おお、すげー斬新でかっこいいアレンジだ!」ということで誰がプレイしているんだろうと思ったんですが、まさか本人とは!

これは出たら買おうと思います。というかスティングのCD買うのってホント久しぶりだ。

シンフォニシティ(初回限定盤)(DVD付) シンフォニシティ(初回限定盤)(DVD付)

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2010年8月 3日 20:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「セブン&アイが電子書籍市場に参入、掲載商品購入で出版社に報酬支払い」です。

次のブログ記事は「8月4日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。