サイト内検索:

読んでおきたい日本史モノマンガランキング

書店で歴史の教科書が月間ベストセラーにランク・インするなど、まだまだ勢いに衰えが見えない「歴史ブーム」。この歴史ブームのきっかけになったと言われているのが、日本史を題材としたゲームや漫画、アニメなどです。最近ではアクションゲーム『戦国BASARA』シリーズのようにゲームが注目されることも多いですが、やはり質・量共に充実しているのは歴史の長い漫画です。

読んでおきたい日本史モノマンガランキング

そんなわけでランキングとなるのですが、第1位はあの「はだしのゲン」でした。

日本の歴史を扱った数ある漫画作品の中でも、最も多くの人が「これは読んでおくべき!」と挙げたのは《はだしのゲン》でした。広島への原爆投下によって両親や姉妹、弟を亡くした主人公のゲン(中岡元)が仲間たちと共に戦後社会をたくましく生きる姿を描いた作品で、日本の歴史を学ぶ上で意味のある作品として各地の図書館にも置かれています。連載は1985年に終了していますが、今も一般の書店で購入できるため、読んだことがあるという人も多いのではないでしょうか。

まあ、確かに「日本人だったら一度は読んでおかないと」ってかんじのマンガなのかもしれません。

第2位は手塚治虫の「火の鳥」でした。

続いてお薦めする人が多かったのが、故・手塚治虫が生涯をかけて取り組んだ《火の鳥(シリーズ)》。古代からはるか未来に至るまでを描いた大長編で、いわゆるファンタジーに属する作品ですが、古墳時代を舞台にした「大和編」や奈良時代を舞台とした「鳳凰編」などでは歴史的な出来事を下敷きにしたと思われるエピソードも描かれています。日本の歴史好きならぜひ読んでおきたいところですね。

手塚先生の「アドルフに告ぐ」も12位に入っていました。

で、3位の「あさきゆめみし」なんですが、これは私は知りませんでした。読まなきゃ!

その他5位には「るろうに剣心」などが入っているのですが、これは日本史ものなのかなあ、と思いつつ、まあ人気マンガなんでこれはこれでOKかと。

まあ、とりあえず「あさきゆめみし」を読まなきゃ。

あさきゆめみし(1) (講談社漫画文庫) あさきゆめみし(1) (講談社漫画文庫)

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2010年8月 5日 16:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Facebookをテーマにした映画「Social Network」のパロディ動画」です。

次のブログ記事は「日経新聞電子版によると米国ソーシャルゲーム最大手のZyngaがウノウを買収」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。