サイト内検索:

ポストイットのファンに捧げるMicrosoft Office Labの「StickySorter」というアプリがなかなか面白い

昨日「表参道に住友スリーエムのコンセプトストア「3Mストア」-日本未発売商品も」というエントリーを書いたのですが、それがTwitterに流れRTされる途中で紹介されていたマイクロソフトのラボの作品「StickySorter」がなかなかおもしろいです。

StickySorter

The result is StickySorter which met their complex needs, supports virtual collaboration, and is now available for you to use in managing your next brainstorm.

簡単に言えばポストイット、一般的には付箋とかスティッキーと呼ばれるやつのソフトウェア版なんですが、これまでよく利用していた付箋ソフトよりももっとおもしろい使い方ができそうです。

一般の付箋ソフトがPCのデスクトップに貼り付けるタイプのものに対して「StickySorter」は「StickySorter」のウィンドウ内で付箋を生成して利用することになります。

作った付箋は選んでグループにしてグループ単位で管理することもできますし、また作成した付箋を検索して検索結果単位でグループにすることもできます。付箋に対してフィールドを設定することである種のデータベースみたいな使い方もできます。なんというか2次元フラットなファイルメーカー、みたいなイメージかな?

また面白いのが、CSVファイルを読み込んで行単位で付箋を作成することもできます。例えば住所録みたいなエクセルファイルがあったらそれを読むことで人単位の付箋を自動で作成し、それらを検索して住所単位のグループに分けて管理するなどがとても簡単に行うことができます。

このあたりの使い方はリンク先のページにSilverlight(!?)のビデオがありますので、それを見てみてください。というかそのビデオ見ないと「StickySorter」の本当の使い方はわからないと思います。

個人的に残念なのは論理グループが作れない、ってことでしょうか。例えば先に挙げた住所録だったら地域ごとのグループや年代ごとのグループなど一人の付箋複数のグループに所属させたい場合は付箋のコピーを作成してあげなければなりません。これがオリジナル1つでダイナミックに論理的なグループが作れるようになると日常の使い勝手があがるのになあ、と思いました。あと画像が貼れるようになったら嬉しいかな。

というわけでWindowsでしか使えませんが、無料だし結構おもしろいのでポストイットファンに方は是非試してみてください。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2010年8月26日 15:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「儲かる時代はとうに終わった」赤貧・歯科医の告白」です。

次のブログ記事は「ノートタイプのMacがスリープの時のLEDの挙動に関するAppleの特許」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。