サイト内検索:

スネ夫の家に3Dテレビ のび太の家の地デジ化も課題に

地上波デジタル放送や3Dテレビといったテレビを取り巻く環境の変化が、国民的アニメ「ドラえもん」(テレビ朝日系)の世界にも及んでいる。17日放送のエピソードでは、3Dテレビが登場。のび太の家の地デジ化も問題となる。

スネ夫の家に3Dテレビ のび太の家の地デジ化も課題に

のび太君のおうちのテレビはまだアナログなんですね。サザエさんとかちびまる子ちゃんのおうちのテレビどうなるのかな。

それにしても、これらの家庭って大画面3D液晶テレビがほんと似合わないですよね。

タイトルは「ほんもの3Dテレビ」。既に地デジ化されているスネ夫の家に、発表前の超巨大3Dテレビがやってくる。みんなに自慢するスネ夫だが、のび太にだけは3Dメガネを貸してくれず、のび太は迫力の映像を体験できなかった。

3Dハラスメント、3Dいじめ、3Dデバイド、でしょうか。
あ、そういえば今週の「社長島耕作」で3Dテレビなんて4chステレオみたいなもんだ、なんて言ってましたね。
今週の「サラリーマン金太郎」では既存雑誌出版社のやり方のまずさをガンガン指摘しているし、最近のマンガはおもしろいですね。つうか大御所漫画家しか出来ないことなんでしょうけど。って、考えるとドラえもんで3Dテレビを取り上げるその裏には何か揶揄的な意志があるのかな?

ドラえもんはそんなのび太に、かければ映像が本当に飛び出てくるというメガネ型の秘密道具"ほんもの3Dメガネ"を取り出す。大迫力に興奮するのび太、思わず手を伸ばすが、その行動が大騒動に発展して......。

つうか、ドラえもんから見れば3Dテレビなんて笑っちゃうぐらいチャチなものなんだろうなあ、と。

ところで、3Dテレビの映像というのは画面内に奥行きが出る方向での3D化なんだけど、どうして「飛び出す」イメージでCM展開しているのか/やれているのかが不思議でなりません。あれ、明らかに誇大広告というか事実と合致していないし。

そんなわけで今日の夜のドラえもんなので、興味のある方はリモート録画予約とか家族にお願いしてみてください。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2010年9月17日 11:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Chromeでフォーマット付きテキストをフォーマットなしでペーストする方法」です。

次のブログ記事は「9月17日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。