サイト内検索:

iPadでWindowsアプリが使える「Parallels Mobile」登場

米Parallelsは9月14日(現地時間)、iPadでのWindowsアプリケーション利用を可能にするモバイルアプリ「Parallels Mobile」を無料で公開したと発表した。日本のApp Store(リンク先はApp Store)からも入手できる。同アプリを利用するには、同日発売のデスクトップ仮想化ソフト「Parallels Desktop for Mac」のバージョン6を搭載したMacが必要だ。iPadのほか、iPhone、iPod touchでも利用可能。

iPadでWindowsアプリが使える「Parallels Mobile」登場

App Store上では無料だけど利用するにはMac側に「Parallels Desktop for Mac」バージョン6(79.99ドル)が必要、だそうです。

Parallels Mobileは、iPadに仮想環境を作ってWindowsをインストールするのではなく、Wi-Fiあるいは3GでParallels Desktopが稼働しているMacにアクセスし、Macの仮想マシン上のWindowsアプリをリモートで利用するという仕組みになっている。 OutlookやOfficeが利用できるほか、Flash動画の再生も可能だ。

なーんだ、直接アプリが起動するわけではないんですね。ってことはVNC環境でWindowsにアクセスしているのと変わらないんじゃん。

でも多分、ボタンやメニューのクリックなんかがとてつもなく面倒というかちゃんとポイントできない、というかWindowsタブレットが失敗した原因はそこなんで、結局「Parallels Desktop for Mac」のおまけ、程度でしかないんだろうな。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2010年9月15日 17:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「livedoor Blogが機能拡充、利用日数に応じてディスク容量を追加」です。

次のブログ記事は「飲食店のコショウはなぜGABAN?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。