サイト内検索:

新素材採用「MDR-EX1000」などカナル型"NUDE EXモニター"新製品

ソニーは9月3日、最上位製品「MDR-EX1000」を含めた"NUDE EXモニター"シリーズのカナル型イヤフォン4製品を11月10日より順次販売開始すると発表した。価格はMDR-EX1000が6万1950円、 MDR-EX600が2万4675円、MDR-EX510SLが1万2390円、MDR-EX310SLが6195円。

新素材採用「MDR-EX1000」などカナル型"NUDE EXモニター"新製品

とりあえず今使っているイヤホンが壊れたら次買うのはこれ、ということでメモがわりのエントリー。

さすがに最上位の6万1950円のやつは買えないので2万4675円と1万2390円を候補に挙げておくと、その違いは、

MDR-EX600は16ミリ径ダイナミック型ドライバーやノイズアイソレーションイヤーピース、テクノロート採用ハンガーなど多くの特徴を最上位製品であるMDR-EX1000から引き継ぐが、振動板には「マルチレイヤーダイヤフラム」、ハウジング素材にアルミ合金を採用する。再生周波数帯域は 4~28000Hz。
MDR-EX510SLとMDR-EX310SLは名称から連想できるよう、既存モデル「MDR-EX500SL」「MDR-EX300SL」の後継となるモデルで、いずれも13.5ミリ径のダイナミック型ドライバーとアイソレーションイヤーピースを採用する。MDR-EX510SLのみ、MDR- EX600と同様のマルチレイヤーダイヤフラムを振動板に利用している。

なんとなく値段が高い分MDR-EX600の方がよさそうですけど、値段が倍ですからね。MDR-EX510SLを2個買う、という選択肢も考慮しておきたいです。

発売は11月10日から順次、ということなのでとりあえず今使っているやつはそれまで壊さないように大事に使いたいと思います。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2010年9月 3日 17:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Samsung、7インチのAndroidタブレット「GALAXY Tab」発表」です。

次のブログ記事は「Twitter、全リンクをURL短縮サービス「t.co」に移行へ-データ記録に懸念の声も」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。