サイト内検索:

書籍の電子化、「自炊」「スキャン代行」は法的にOK? ~福井弁護士に聞く著作権Q&A

これはいい記事ですね。保存版だと思います。

書籍の電子化、「自炊」「スキャン代行」は法的にOK? ~福井弁護士に聞く著作権Q&A

まず自炊という言葉ですが、

自炊とは、自らの蔵書を裁断機で切断し、スキャナーを使ってデジタルデータ化する行為を指す。

という意味です。で、この自炊行為にはいろんな要素が含まれていて、それぞれ適法/違法があるんでそれをこの記事でまとめているわけです。

で、簡単にポイントっぽいところをつまんでいくと、

Q1:個人で電子書籍を「自炊」する行為は著作権法違反になるのでしょうか? A1:個人的に使うためなら適法です。
Q2:スキャンしたデータを家族などで共有するのは? A2:適法です。
Q3:家族などを除いて、自炊したデータを知人に譲渡するのは? A3:ハードごと渡す場合を除けば、基本的に違法です。

↑はちょっと注意しなきゃ、って感じですね。状況に応じて適法/違法と判断が変わるようです。

Q4:裁断済みの書籍をネットオークションなどで販売するのは? A4:違法とする法的根拠が、おそらくありません。

無法状態なんですね。ってことは、あまり派手にやるとそのうちどっかが動き出す、って感じですね。

途中を飛ばして・・・

Q8:自炊の代行サービスは適法? A8:権利者から複製の許可を取らない限りは、違法でしょう。

ほほう。ここでおもしろいのは解説(リンク先を読んでください)の中で「押さえ込また」という言い方をしているところでしょうか。で、これに関連して次の質問。

Q9:自炊の代行サービスを依頼した個人も権利侵害にあたる? A9:その可能性はあります。

なるほど、これはちょっと怖いですね。

今でもネット上には自炊代行サービスがいくつかありますが、それらのサイトがサイト上に「うちは合法です」って書いてあったら逆に信用できないしなあ。マルチ商法やっているのに「うちはマルチじゃない」と同じレベルですもんね。

最後はこれ。

Q11:自炊代行サービスは、裁断してしまえば書籍がばらばらの紙となり、元のようには読めなくなってしまうので複製行為とはいえず、著作権法違反ではないという意見もあります。 A11:やはり違法です。

要は「著作物」という観点で判断する、ということで裁断後の書籍が元の書籍と同じかという「入れ物」の問題ではないようです。これの誰でも理解できる例として次のようなパターンを提示しています。

仮に「原本を裁断・溶解すれば複製ではない」という意見が通れば、ある業者が安価な文庫本や古書を大量に仕入れ、これらを裁断した上で、新たにその冊数だけ「豪華本」を印刷して著者に断りなく売り出しても、理論的には問題ないことになりそうです。

なるほどなあ。

ということで、電子出版の裏あたりでビジネスしようとしている人とか利用しようとしている人は知っておかなければならない情報ばかりですので是非リンク先記事にアクセスしてみてください。

書籍の電子化、「自炊」「スキャン代行」は法的にOK? ~福井弁護士に聞く著作権Q&A

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2010年9月17日 15:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「9月17日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「聖なる夜に使徒襲来:ヱヴァンゲリヲンケーキ、28日から予約受付開始」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。