サイト内検索:

電通など、「空気が読めるコンピュータ」実現に向けたプロジェクトを開始

電通と日本ユニシスは9月24日、MITメディアラボと協働して「空気が読めるコンピュータをつくろう」プロジェクトを開始した。

電通など、「空気が読めるコンピュータ」実現に向けたプロジェクトを開始

これがタイトル通り電通がメインで、ってなったら「へへへ」って感じになるんですが、ユニシスとMITメディアラボが絡んでたらこれは何かしらのちゃんとしたアウトプットが出てくるでしょうね。

同プロジェクトは、人間がコミュニケーションを図るときの前提として共有している常識的な背景知識や感覚(コモンセンス)をデータベース化し、コンピュータシステムに活用することで、「適切な時に適切な知識や言葉を使える、人間のように空気の読めるコンピュータ」の実現を目指すプロジェクト。

AIにおける知識ベースがコモンセンスの塊になっている、って感じでしょうか。

活動の第1弾として、連想ゲームを通じて参加者からコモンセンスを収集する「ナージャとなぞなぞ」と、Twitterでの過去のツイートを参考に、その人らしさや特徴的な知識を踏まえたツイートを自動生成する「Poi bot(ポイボット)」を開始した。

ということで「ナージャとなぞなぞ」というのをやってみました。

ナージャとなぞなぞ

出てくるヒントを元にそれが何であるかを当てる、というどっかで既に見たことがあるようなやつですが、まあそれなりに楽しめました。まあ、1回楽しんだら終わりだけど。

Poi bot(ポイボット)」の方は・・・面倒なのでパスしました。

なんか「コンピュータを作る」というよりはアプリケーションを作るって感じですが、まあそのうちMITメディアラボっぽいすげーのが出てくるんでしょうね。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2010年9月27日 16:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シャープ、電子書籍端末「GALAPAGOS」発表」です。

次のブログ記事は「アニメ「バクマン。」の予告編とジャイアント・キリング」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。