サイト内検索:

「赤ワインの認知症予防効果」メカニズムを解明

名古屋市立大大学院医学研究科の岡嶋研二教授(56)と原田直明准教授(43)らのグループが、赤ワインに含まれる植物成分のポリフェノールが学習機能や記憶をつかさどる脳の海馬を活性化するメカニズムを突き止めた。

「赤ワインの認知症予防効果」メカニズムを解明

うちの父がアルツハイマーが原因で亡くなってしまったことから、私が現在最も恐れている病気がこの認知症なわけですが、その認知症の予防に赤ワインがよい、という論文が近く米国の化学誌に掲載されるようです。毎週土曜日に「今日のワイン」と称して赤ワイン飲んでる私はラッキーさんなのか!?

1日にワイングラス2杯程度(250~500ミリ・リットル)を飲むと、認知症に効果があることは従来、別の研究者の実験で知られていたが、メカニズムは解明されていなかった。

なるほど、効果はあるのはわかっていたけどその理由がわからなかったんですね。

岡嶋教授らのグループはマウスの知覚神経を培養、ポリフェノールを加える実験をしたところ、脳の海馬を刺激する物質「CGRP」の放出量が増加することが分かった。

あ、でも毎日飲まなきゃいけないのか、これ?

まあ、ってことで年寄りの晩酌は焼酎よりワイン、ってことになりそうですね。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2010年9月29日 12:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「9月29日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「「ニンテンドー3DS」来年2月26日発売、2万5000円」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。