サイト内検索:

エバーノート、新機能「Site Memory」を公開

個人用インターネットアーカイブを提供するEvernoteは、ユーザー基盤を拡大しブックマーク機能を拡張する新たなアプローチとして、パブリッシャーやブログ所有者向けのツール「Site Memory」を公開した。これはユーザーが後で読みたいウェブコンテンツを保存しておけるようにするもので、Evernote全体でユーザーの人気が最も高いコンテンツを宣伝する助けにもなる。

エバーノート、新機能「Site Memory」を公開

ブログの投稿に(あるいはどんなページでも)Site Memoryボタンが追加されていれば、ユーザーはそのコンテンツをブックマークして、自分のEvernoteアカウントに保存できる。

というわけで、うちのブログにもSite Memoryボタンを導入してみました。記事の最後の方に緑色の象さんアイコンを見つけることができると思いますが、これをクリックするとあなたのEvernoteにその記事を取り込むことができます。

EvernoteをインストールするとブラウザにClip用のアイコンとかコンテキストメニュー内にコマンドがインストールされるんですが、それはどちらかというとページ全体とかHTMLの体裁をそのままクリップするときに使ってもらい、今回私が設置したSite Memoryボタンはテキストのみをクリップしたい時にお使いください。

私のブログ記事中のSite Memoryボタンをクリックしてもらえばわかりますが、記事のテキストだけがEvernoteに取り込まれ、余計な要素は入っていきません。まさにInstapaper状態!

Instapeperと違うところは、Instapaperが「あとで読む」用途だとすると、Evernoteは「あとで読むかもしれないけど、多分読まないけど、でもこのままやり過ごすには惜しい」という用途なのではないかと思いますので、ちょっとでも気になったら是非Evernoteでクリップしてください。

で、この設置方法ですが、既に以下のブログで紹介されていますので、これらを読めば理解できるでしょう。

あなたのブログに Evernote Site Memory を追加する(Lifehacking.jp)
おれのブログをEvernoteでのクリップに最適化するサイトメモリボタン公開(みたいもん)
Evernoteの新機能サイトメモリーを早速導入してみました。(Drift Diary XIII)

ちなみに表示用のJavaScriptですが、ブログ記事タイトル中に「"」が入っているとシンタックスエラーとなるようです。これについてはTwitterで@EvernoteJPに連絡したんだけど、何の返信もないですね・・・。

で、このSite Memoryボタンですが、

それにしても、ユーザーがサイトを再訪すれば多少なりとページビューを稼げるのに、その機会を奪われかねない機能をパブリッシャーが追加する理由は何か。

という疑問に対して、

アフィリエイトプログラムの形で収入が見込めるのだ。ユーザーがEvernoteのプレミアムサービスに登録して会員になると、ページにボタンを追加しているサイトに料金が支払われる仕組みだ。プログラムに参加しているサイトからユーザーがEvernoteの利用登録を行い、さらにEvernoteの有料顧客になった場合に限り、アフィリエイトの代金10ドルが支払われる。

という回答を出しているのですが、これは実際あまり期待できないんじゃないでしょうかね。

たいていの人は無料版でOKだし、すぐに有料会員になるとも思えないんで。

それはさておき、とりあえずEvernoteにクリッピングしたくなるような面白い記事を書いていこうと思いますのでこれからもよろしくお願いします。

あ、そうそう、先日以下のEvernote本の著者のひとりである石谷さんに会った時に聞いた「Evernoteって普段使わないようなものを入れていくのがいいんですよね」という言葉が忘れられません。

できるポケット+ Evernote できるポケット+ Evernote

できるポケット+ Evernote 活用編 できるポケット+ Evernote 活用編

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2010年9月10日 16:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「女子に人気のケータイブログ「デコログ」月間60億PV突破」です。

次のブログ記事は「Sunの「ZFS」特許係争が決着、NetAppとOracleが合意」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。