サイト内検索:

いいねボタンによる「Webサイトのソーシャル化」~mixiチェックとFacebook Likeボタン

FacebookのLikeボタンやmixiチェックが進めるWebサイトのソーシャル化とは何なのか。ネット広告に詳しいオルタナティブ・ブロガー 広屋修一氏が解説します。

オルタナティブ・ブロガーの視点:いいねボタンによる「Webサイトのソーシャル化」~mixiチェックとFacebook Likeボタン

mixiチェックとFacebook Likeボタンを付けるとそのサイトがソーシャル化する、というのは個人的にはよくわかんない世界です。

この「Webサイトのソーシャル化」ですが、どういう意味かというと、

Webサイトのソーシャル化と表現すると小難しく感じますが、従来形のWebサイト――コンテンツサイトでもショッピングサイトでもブログでもよいのですが――そこに「これはいいねボタン」を付けることで、ユーザーが知り合いにそれを口コミしていく仕掛けを、標準的な方法で大量に作り込んでいくことが「Webサイトのソーシャライズ」です。

口コミしていく仕掛けを設けること=Webサイトのソーシャライズ、なのかあ。やっぱりよくわかんないや。

トラフィックの集まり方のトレンドは、「たくさん広告出稿しているサイト」から、「不特定多数の人がたくさん検索しているサイト」へと移り、最近は、「知り合いが『いいね!』と言っているサイト」へと移り変わっています。

まあ、mixiにしてもfacebookにしてもTwitterのTLに相当するものがあるんで、そこにリンクが掲載されていたらクリックされるだろうし、それによってトラフィックの質が変わっていくのはわかるんだけど、それが「ソーシャル化」というかというとちょっと違うような。

つうか「Webサイトのソーシャル化」だったらそのWebサイト内で読者が繋がっていったり、またはWebサイトとWebサイトがつながっていくことでお互いの読者が繋がっていくというのが私のイメージであるため、単にSNSの中でサイトのURLが掲載されるだけの話をソーシャル化って言っていいもんなのか、という疑問があります。

まあ、SNSサイト側からみればそれまで中に閉じていたトラフィックを外向けにも出していく、というのは画期的な話ではありますが、でもこれまでも掲示板に掲載されたリンクからのトラフィックの外への流出もあったわけだから、程度問題なだけの気もするし。

なわけで今度誰かにあったら「Webサイトのソーシャル化ってなあに?」って聞いてみようっと。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2010年9月28日 15:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「PC不要でScanSnapからEvernoteにアップロード、NTTがデバイスサーバー発売」です。

次のブログ記事は「Webブラウザーのブックマークや閲覧履歴を同期するサービス"Xmarks"が終了」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。