サイト内検索:

黒紙に書いた絵を3Dで楽しもう―ポスカ 3D 8色セット

三菱鉛筆は、ポスターカラーマーカー「ポスカ」8色と3Dメガネ、黒画用紙5枚をセットした「POSCA(ポスカ) 3D 8色セット」を10月29日に発売する。価格は1942円。

黒紙に書いた絵を3Dで楽しもう――ポスカ 3D 8色セット

まさかポスカにまで3Dの波が訪れるとは思ってもいませんでした。ポスカ、いいよね。あれ使うと普段描けない絵や文字が書けるんで。

で、ポスカで3Dの仕組みですが、

ポスカの中で立体視に適した水色、青、紫、桃、赤、橙、黄、緑(筆記幅0.5ミリ)の8色をセット。黒画用紙にポスカで絵や文字を書き、付属の3Dメガネで見ると立体的に見える。「色相の変化」が「奥行きの変化」になり、黒や濃い色の下地への描画が立体的に見える仕組みだ。

ということで、すごいローテク。

そんなわけで描き方にも工夫が必要で、

三菱鉛筆は立体的に見える書き方として「細い線よりも太い線や面を書く」「浮き出る色と沈む色を近い位置で使う」「浮き出る色には沈む色、沈む色には浮き上がる色で縁取りをする」ことを挙げている。

よくわかりませんけど、小学校の工作の宿題にこのポスカ使って「メガネで見てね」なんてもの作ると結構面白いものが作れるかもしれませんね。アイディア次第だと思いますが。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2010年10月27日 18:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「関西人が、あまりラーメンを食べないワケ」です。

次のブログ記事は「「画面の女性と電話で話せる」、ローソンのサイネージで実験開始」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。