サイト内検索:

ニコン、裸眼立体視の3D写真サービス「my Picturetown 3D」

ニコンは10月26日、インターネットを経由して通常のデジカメ画像を3D画像へ変換し、専用デジタルフォトフレームにて表示する新サービス「my Picturetown 3D」を12月上旬より開始すると発表した。サービス料金は月額1995円(年払いでは1万9950円)で、料金には専用デジタルフォトフレーム「NF- 300i」のレンタル料金も含まれる。

ニコン、裸眼立体視の3D写真サービス「my Picturetown 3D」

2Dの写真が裸眼で3Dで見られるように変換されるのはいいんだけど、月額1995円って誰が利用するんだろう。ああ、いわゆる富裕層なんですね。既にリタイアしていて今は「写真が趣味」みたいな人なのかな。

2D→3D変換は毎月3枚まで無料(月額/年額料金に含まれる)で、4枚目以降は1枚300円の追加料金が発生する。

つうことで、2D→3D変換の変換料が1枚300円で表示側のデジタルフォトフレームのレンタル費は毎月1000円ぐらいの計算なんですね。

そうそう、これもなんでレンタルしかないのかが不思議ですよね。普通に販売もすればいいのに。

でもまあ、多分普通だったらこのデジタルフォトフレームは買えば3万円以上するだろうから、それが毎月1000円で借りられる、というのは考えようによってはいいのかもしれないけど、でも、会員契約を辞めたらこのデジタルフォトフレームを返却しなきゃいけないんで、それまで作成した3D写真が見れなくなっちゃうんですよ。なんか信じられませんね。

なお、本サービスを退会するとNF-300iは返却する必要があるが、生成した3D画像についてはmy Picturetown上に保存される。

地獄のようなサービスですね。とりあえず見れないにしろ3D化済みの写真データは手元にダウンロードできないんだろうか・・・。

ということで、裸眼で3Dは素晴らしいのにサービスの実装のところでずっこけてしまった感があり、なんかとてももったいないことをされているような気がします。サービスインするタイミングがちょっと早かったような・・・。

最近のニコンはこの他にもリアル・スカウター的な「メディアポート」とかやっててそっちもコンシューマ的にはぱっとしないんで、ニコンオーナーとしてはなんか歯がゆいです。

あ、眼鏡用レンズは2枚で1万円ぐらいのを出してくれたので、それはとてもありがたいです。既に2セット買わせて頂きました。D7000も買う予定ですよ。

[追記:2010.10.27 14:04]
Twitterでmy Picturetown 3Dの人からレスを頂きました

NF-300iを返却いただいてもmy Picturetownから3D画像をダウンロードできます。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2010年10月26日 16:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「無料サービス「サイボウズLive」、ビジネスSNS機能を強化して自由登録制に」です。

次のブログ記事は「「ネットに押され、映画が危機的状況に」 映画監督語る」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。