サイト内検索:

GoogleのWebP形式画像を表示するためのMacOS X用プラグイン「Weppy」

Weppy is a browser plugin set for Mac OS X Web browsers that allows them to display inline images that are in the WebP file format, a new image format from Google.

Weppy

ということでGoogleが提唱する新しい画像形式「WebP」をブラウザで表示できるようにするプラグイン「Weppy」です。

インストールする前の状態で「Weppy」にアクセスするとWebP画像は表示されませんが、プラグインをインストール後ブラウザを再起動してからアクセスすると同じ写真が2枚表示されることに気づきます。

Weppyのダウンロード

インストールは簡単で、1台のMacを複数人で使っているときはディスクのルートにある「ライブラリ」の下にある「Internet Plug-Ins」フォルダに、自分だけ使っている場合は自分のホームディレクトリの下にある「ライブラリ」の下にある「Internet Plug-Ins」フォルダにダウンロードした「Weppy.webplugin」と「Weppy.plugin」を配置してあげるだけです。

で、インストールするとWebP画像が表示されるようになるんですが、プラグイン内での表示なので画像上で右クリックしてコピーしたりといったようなことはできません。まあ、これはブラウザが正式にサポートするまでに辛抱ですね。

ということで、「とりあえずインストールしとけ!」って感じのWebPプラグイン「Weppy」でした。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2010年10月 8日 19:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自国のAndroidマーケットでは入手できないアプリをインストールする方法」です。

次のブログ記事は「10月9日のラッキ−さん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。