サイト内検索:

「画面の女性と電話で話せる」、ローソンのサイネージで実験開始

ローソン店舗におけるデジタルサイネージ「東京media」を運営しているクロスオーシャンメディアは、新しい形態のコンテンツ表示に関する実証実験を 2010年10月26日から開始した。実験ではデジタルサイネージ端末のディスプレイを見ている人の画像をカメラで取得・解析し、視聴者の属性(性別・年代)に応じて放映コンテンツを振り分ける。

「画面の女性と電話で話せる」、ローソンのサイネージで実験開始

カメラの前にいる人を認識してその人に最適な広告を表示する、というデジタルサイネージというやつです。

具体的には、女性および電話番号がディスプレイに表示され、その番号に電話をかけるように促される。電話をかけると、ディスプレイに映っている女性の携帯電話機が鳴動し、その女性が擬似的に応答するというものである。携帯電話機からは音声コンテンツが流れる。今回は、富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製の携帯電話機を紹介する内容のコンテンツにしている。

ふむ、「女性および電話番号がディスプレイに表示され」ってことはターゲットは男性になるんですね。ってことはあとは年齢によってコンテンツを振り分けるのか。

なんにしても広告をディスプレイで見せるのではなく、電話かけさせて電話でコンテンツを流す、というのはすごいな、訴求力あるな、なんて思いながら記事を読み進めてみたんですが、そのディスプレイに表示される女性がこれだもんなあ。

いいのか、こんな画像流して!w

実験期間は2010年10月26日~2010年11月16日で、午後7時から午前1時が放映時間になる。実験場所はローソン渋谷三丁目店とローソン田町駅三田口店の2店舗である。

ああ、夜なんだね。

そんなわけでこんなお姉さんとお話してみたい人は渋谷か田町に行ってみてください。

つうか、いったい電話口で何を告知されるのだろうかw

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2010年10月27日 19:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「黒紙に書いた絵を3Dで楽しもう―ポスカ 3D 8色セット」です。

次のブログ記事は「珍しいことにGoogleが「Google Task」についてのアイディアを募集している。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。