サイト内検索:

インパクト大の「"和"Tシャツ」がオシャレの最先端!?

ごく一部の層にだけ根強く支持されてきた"和"アイテム。「ファッション=洋服」となっている現代では、コアなファン以外はなかなか手が出しづらいアイテムといえる。そんな和アイテムが原宿でじわじわと浸透してきた。

インパクト大の「"和"Tシャツ」がオシャレの最先端!? - トレンド - 日経トレンディネット

これはないだろう、と思ったんだけど、「原宿」「日経トレンディ」「じわじわ」というキーワードが目に入ると「あなたのセンスがないのよ」と言われてもしょうがないなと自覚しつつも、いや、でもやっぱりこれはないだろう、と改めて思うのでした。だってこれですよ。

まず、こういっちゃなんですがモデルさんがへんですよね。Tシャツの袖もへんですよね。これ、女性モノですよね。ってことはこの人、女性なのか!?

まあ、勘違い漢字シリーズで「有名」はいいとして、この「大日本帝国万歳!」みたいな柄はないだろう、と。うん、和物が流行っているのはよしとしてもこの柄をピックアップすることはないだろう、と。

コーディネートのポイントは、古着をベースにルーズシルエットにすること。ボトムをスキニーにしてトップの和アイテムのボリュームを生かすスタイリングも人気。全身を細くすると逆にコテコテな雰囲気になってしまうため、どこかにルーズさを出すのが着こなす秘訣だ。色味も茶系や藍色などの渋い色と合わせるよりも、赤や黄色などのポップ系でまとめると古くささがなく、新鮮な印象を出せるだろう。

そうですか。

まあ、おじさんは遠慮しておくので、若い皆さんは是非"和"Tシャツをお試しくださいね!

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2010年10月19日 17:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「資料はお手元のiPadで」― コクヨとインフォテリア、iPad連係HDテレビ会議システム」です。

次のブログ記事は「昨日もらったサムソングッズ3点と7インチタブレット」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。