サイト内検索:

電源入れればあとは自動で中継開始、Ustream専用機器「CEREVO LIVEBOX」発売

株式会社Cerevoは8日、ビデオカメラを接続するだけで、その映像と音声を簡単にUstreamで配信できる機器「CEREVO LIVEBOX」の販売を開始した。エンコーダーやインターネット接続機能をワンボックスに搭載しており、初期設定の完了後は、PCなど不要で、電源を入れればあとは自動的にUstreamに接続して中継を開始できる。

電源入れればあとは自動で中継開始、Ustream専用機器「CEREVO LIVEBOX」発売

「WISH 2010」でプレゼンしていた「CEREVO LIVEBOX」が発売になったようです。年末ぐらいの発売かな、と思っていたんですが、意外に早かったですね。値段は5万円、とのこと。

iPhoneやAndroid端末をビデオカメラ代わりにしてUstream中継するのはとても簡単なんですが、一般のビデオカメラを使って配信しようとすると、PC側にカメラ用のハードウェアインタフェースや取り込みようのソフトウェアを用意してあげなきゃいけなくなり、とたんの超面倒になるんですが、この「CEREVO LIVEBOX」があればそんな面倒くささもなくなりますね。

気になる電源も内部バッテリーを搭載して最大2時間の駆動が可能(もちろんACアダプタも利用可)だし、本体底面にはカメラ用3脚穴が空いていたりで、Ustream配信の現場をちゃんと理解しているな、というのがひしひしと感じられます。

今後高品質なUstream配信をしたい人には必須なデバイスになりそうな予感がします。

で、世界展開するのかな?

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2010年10月 8日 14:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「壁を上れないスパイダーマン」です。

次のブログ記事は「焼肉店の「ロース」......実は安い「モモ肉」が使われていた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。