サイト内検索:

Yahoo! PipesをPythonに変換してGoogle App Engineで実行する。

The pipe2py package can compile a Yahoo! Pipe into pure Python source code, or it can interpret the pipe on-the-fly.

Running Yahoo! Pipes on Google App Engine » Wordloosed

Pipes EngineというGoogleサーバー上にホスティングされているプログラムを使って、そこに作成したYahoo! PipeのIDを登録して使うようです。

The pipes-engine.appspot.com service is a proof of concept and needs some more work, not least to provide the output in formats other than json, but I think it proves it's feasible. Let me know what you think.

Pipes Engineそのものは「proof of concept」ということで、アイディアをとりあえず実装したというレベルのようなのですが、とりあえず作成済みの沢山のYahoo! Pipesモジュールが活用できる、ということで、テスト用やプロトタイプでの利用用途にはいいのかもしれません。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2010年10月25日 19:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Webサイト構築に携わる人のための15のChromeエクステンション」です。

次のブログ記事は「日本の缶ビールには開けやすいようにくぼみがついている。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。