サイト内検索:

量販店店頭では購入できない!? 「GALAPAGOS」の思い切った販売戦略

実は、GALAPAGOSは、量販店店頭では直接購入できない仕組みを採用しているのだ。

量販店店頭では購入できない!? 「GALAPAGOS」の思い切った販売戦略

個人的にはどうでもいい扱いのGALAPAGOSですが、お店でデモ機はいじくれるものの、そのままお買い上げ&お持ち帰りはできないそうです。はあ?

購入者は、GALAPAGOSの売り場に設置されている購入申し込み用紙に必要事項を記入。そこにクレジットカードでの支払い条件を指定して、シャープに郵送する。シャープから受注完了のメールにより受注が完了。その後、基本的には2日間程度での発送が可能になると見ている。

発送してもらう、ってことは個人情報を積極的に提示しないと買えない、ってことですよね。ネットと違ってお店での購入ってお金出せば匿名で買えるってとこがステキなんだけどなあ。

一方で、インターネットでの購入も可能だ。郵送よりも、むしろこちらの購入の方が多いかもしれない。

そうだろうなあ。まるでDELLの店頭販売方式みたいだなあ。

で、当然のごとく次の質問が出てくるわけです。「では、なぜ、シャープは販売モデルを、直販限定としたのか。 」

その答えがこれです。

シャープのネットワークサービス事業推進本部・新井優司副本部長は、「GALAPAGOSは、単に端末を売るという販売モデルではなく、サービスを含めて提供する製品。これまでの端末以上に、ユーザーオリエンテッドな端末として提供したいと考えている。シャープとお客様がより密接な関係を構築し、シャープ側からもさまざまな情報を発信し、利用を支援し、活用面での利点を提供していきたい。新たな端末を提供するために用意した、新たな販売モデルである」と位置づける。

いや、こういうのはそういうのを欲しがっている人だけにすればいいわけで、私なんかは別にシャープと密接な関係を構築したくないですよ。つうか、うちのシャープ製の冷蔵庫の「勝手に氷」機能が機能しなくなっているんだけど、大型家電買ってもどうせ郵送になるんだからそっち系で密接な関係を構築して欲しいな。

量販店では、配布した購入申し込み書からその配布店舗が特定でき、取り次ぎ手数料が量販店に支払われる仕組みだ。また、アプリケーションランチャーの最下部に用意された表示エリアには、取り次いだ店舗のアイコンが用意され、店舗のお得情報などが配信されることから、これを活用した集客メリットも期待できる。

「取り次いだ店舗のアイコン」なんていらないなあ。

ま、シャープはPC製造やめちゃってGALAPAGOSに注力、ってことなんで、それがどうなるかウォッチしていきたいと思います。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2010年11月29日 13:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「11月29日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「2万円割れの格安IPS液晶が発売に、LG製」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。