サイト内検索:

アイ・オー、2D写真の3D変換や3Dビデオの編集ができるソフト

株式会社アイ・オー・データ機器は、2Dの写真を3Dに変換したり、3Dビデオの編集や鑑賞ができるソフト「PLAY3DPC」を直販サイト「アイオープラザ」でダウンロード販売開始した。価格は7,980円。対応OSはWindows Vista/7。

アイ・オー、2D写真の3D変換や3Dビデオの編集ができるソフト

写真だけじゃなくビデオまで編集できるようです。ホントかなw

一般のカメラで撮影した2Dの写真を、立体感や奥行きを細かく調節しながら3D立体視用に変換して鑑賞できる機能を搭載。また、3D対応カメラ/ビデオカメラなどで撮影した映像に文字を挿入したり、鑑賞したりできる。YouTubeにアップロードされている3Dコンテンツの再生も可能。

ああ、なるほど。3D対応ビデオカメラで撮影された動画の編集、ってことですね。2Dで撮影された動画を3Dに変換なんてことがこの値段でできたらびっくりですもんね。

立体視はNVIDIAの3D Vision方式による表示(Windows 7のみ)のほか、サイドバイサイド/トップアンドボトムをサポートした3D TVや、偏光メガネ方式、赤青メガネ方式(アナグリフ)、裸眼パララックスバリア、裸眼平行法、裸眼交差法、偏光プロジェクタなどをサポートする。
対応フォーマットは、2D画像がBMP/DIB/JPG(JPEG)/PNG/PXA/RGB/TIF(TIFF)/WMF、3D画像が IOS/MPO、2D動画がAVI/MPEG-2/MP4(H.264/AAC)/WMV/MTS/M2TS、3D動画がIOM/AVI、および3D処理されたMPEG-2/WMV/MP4/MTS/M2TS。音声がMP3/WMAなど。

もう、これで十分なんじゃないかという気がしてきました。あとは値段勝負でしょうか。

来年の年賀状は3D絡みのものが多そうだなあ。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2010年11月 5日 15:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「11月5日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「Skype、「Skype 5.0 Beta for Mac」を公開-グループビデオ通話機能を追加」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。