サイト内検索:

Googleを辞めてFaceBookに移るLars Rasmussenのインタビュー記事

Lars Rasmussenという人を知っている人は少ないかと思いますが、オーストラリア在住でGoogleのGoogle MapsとかWaveを作った人です。

で、この人がGoogleを辞めてFacebookに移る、ということで今話題なんですが、本人にインタビューしたいけどアポとれないよ、みたいな記事が多かったのですが、インタビューしている記事を見つけました。

Lars Rasmussen Quits Google, Joins Facebook

なかなか面白いです。

なんでFacebookに?という質問に対しては、

"It feels to me that Facebook may be a sort of once-in-a-decade type of company,"
"Obviously they've already changed the world and yet there seems to be so much more to be done there. And I think that it's the right place for me to be."

ということで10年に1社って感じの会社だと感じたからそうです。

で、なんでGoogle辞めるの?という質問に対しては、

Rasmussen said another reason for leaving was that Google was becoming too unwieldy. He made several comments about Facebook's smaller size and how this made it easier to make an impact and get things done.
While Google employs 25,000 staff members, Facebook has about 2000.
"The energy there is just amazing, whereas it can be very challenging to be working in a company the size of Google,"

Googleは何かするには巨大に成りすぎた、ってところでしょうか。「too unwieldy」(扱いにくすぎる)というのが印象的です。

Google WaveみたいなサービスをFacebookでもやるの?という質問に対しては、それは考えていない、と答えているのですが、MapsやWaveを作れる人だったらまた全く新しい何かを作り出すことができるんでしょうね。

なんか一つでもMapsやWaveのようなキラーなアプリが出てくるとFacebookって今イチ使い方がわかんない、なんて人でもよく利用するようになり、その地位は不動のものになるんでしょうね。

その他は原文をご覧ください。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2010年11月 1日 19:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「サンコー、HDMIケーブルをLANケーブルで延長するデバイス」です。

次のブログ記事は「11月2日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。